Echo Dotおすすめの理由。アマゾンプライム入会で音楽聞くならもうこれだけでじゅうぶんだよ

グッズ

 

 

AmazonのEcho Dot買いました!

これ、めちゃくちゃいいです!

ホントにいい!生活が変わります。

こんなすごいものが5,980円で買えること自体が信じられない!

はっきり言ってこれみんな買うべきです。そう言っちゃっていいレベル。

 

ひとつだけ言うとすれば、

 

Amazonプライムに入ることをおすすめします。Amazonの、送料が無料になったり、タダで本が読めたり、音楽や映画が聴き放題、見放題になります。

プライム入ってたらEcho Dot買わない理由がありません。むしろ買わないともったいない。

プライム入ってない、という人は是非入ってください!そうすれば相乗効果で倍々に楽しめます。

というわけでこれから何がどのくらいいいか説明します。

 

 

スポンサーリンク




音楽を聴くのが神レベルの楽しさ



なんといってもこれでしょう。

マジですごいです。 もう未来はそこに来ているってのを実感できる。

 

 

だって、

CD入れ替えなくていいんですよ?

スイッチ入れなくていいんですよ?

何かをさわる必要すらないんです。ただ話しかけるだけ。

 

「アレクサ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズかけて」

 

これだけ。するとアレクサが青い輪を光らせて言うんです。

 

「プライムミュージックヨリレッドホットチリペッパーズノプレイリストヲシャッフルサイセイシマス」

 

これで始まるんです、レッチリが。

 

止めるときも簡単。

 

「アレクサ、ストップ」これだけ。これでピタッと止まります。聞き分けのいいワンコみたい。

 

Echo Dotの使い方〜寝てても使える

 

話しかけるとき、わざわざ近寄らなくてもいいんです。

部屋の端からだっていいんです。それで通じる。

 

寝ててもOK。

布団に仰向けになったまま——この場合は気持ち大きな声ではっきりと言う必要はありますが——

 

「アレクサ、明日の朝7時に目覚ましをかけて」

 

「明日ノ午前7時ニアラームヲセットシマシタ」

 

これでOK。めっちゃ楽です、これ。

 

 

部屋の外からでもいいんです。

廊下が何十メートルもある豪邸じゃそうもいかないでしょうけど、ウチのようなちっちゃな家なら廊下から、

 

「アレクサ!音量を上げて!!」

 

と言えば、というか大声を出せばちゃんと音が大きくなります。

 

朝の準備ができて外に出るときだって、

 

「アレクサ!ストップ!」でいい。

 

ちなみに止めるときは「ストップ」じゃなくて「アレクサ、ありがとう」でもいいんです。そうすると、

 

「ドウイタシマシテ。マタ聴イテクダサイ」

 

なんてかわいいことを言ってくれます。

 

 

Echo Dot買うなら「アマゾンプライム会員」になるべき

 

最初にも言いましたがEcho買うなら「Amazon prime」の会員になったほうが絶対いいです。

なぜならEcho Dotの音楽のソースは「プライム・ミュージック」だから。

 

f:id:onitamaume:20180123111352p:plain

 

この「プライム・ミュージック」というのは「アマゾンプライム」のサービスのひとつで100万曲が聴き放題になるというものです。

これだけでものすごい数の音楽を聴くことができます。

さすがに最新の曲はないですが、家でBGMとして流すという使い方ならもうこれだけで十分!聴きたい曲を選ぶのに困るレベルです。

これがEcho Dotでいつでも簡単に聴けるようになる。

 

プライム会員の人は分かると思いますが、「プライム・ミュージック」の画面にたどり着くまでがちょっと面倒くさいですよね?

 

PCやスマホで「アマゾンプライム」を開いて自分のアカウントの中から「プライムミュージック」を選んでそれからゆっくりと「プライムミュージック」の画面が開いて、そこで聴きたい曲やプレリストを探して、さらに再生ボタンを押す・・・

 

これが何気にめんどくさい!!

 

プライムに入会した当初は嬉々として聴いていたんですが、そういうわずらわしさもあり、最近ではだんだん聴かなくなっていたんです。

 

でもEcho Dotが来て状況は一変。

もう毎日音楽聞いてます。だって楽なんだもん。たとえば、

 

「アレクサ!『はじめてのprime music』をかけて!」

 

f:id:onitamaume:20180123112407p:plain

 

「アマゾンミュージックヨリプレイリスト『ハジメテノプライムミュージック』ヲサイセイシマス」

 

そうして始まります、『Let It Be』が。

 

f:id:onitamaume:20180123112710p:plain

 

 

曲の途中で、「アレクサ、これは何て曲?」といえば答えてくれるし、

 

「アレクサ、次の曲にして」といえば次の曲がかかる。

 

曲が終わって、「アレクサ、『ボーン・イン・ザ・USA』をもう一度かけて」

 

といえば最初から『ボーン・イン・ザ・USA』がかかるし、音量の調節も自由自在。

 

これが楽と言わずして何と言おうか、という楽さ。マジで痺れます。プライム会員になっていただけのときとはまったく次元が違う。

 

Echo DotとAmazon primeの組み合わせは最強という理由はここにあるんです。

 

 

最新の曲が聴きたい場合はアレクサアプリの「スキル」(有料)

 

ただ「プライム・ミュージック」は聴ける曲はとても多いのですが、アーティストの個別のアルバムとなると実はそんなに多くありません

 

たとえば「サザンオールスターズ」とか「平井堅」とか「星野源」とかほとんど入っていません。

 

平井堅と星野源は個人的にはまったく興味ないけど例えで言ってみました。

 

現在ヒット中の歌も入ってません。新しい曲はほとんどないと考えたほうがいいですね。

 

でもどうしてもヒット曲を聴きたい、「プライムミュージック」にない曲を聴きたいというのであれば、Echoの「アレクサアプリ」に入っている「スキル」を使うという手もあります。

「アレクサアプリ」というのはEchoの最初の設定のときに使うアプリのこと。

 

ここにたくさんの「スキル」が入っています。要はスマホに入れるアプリのようなものを考えてもらえばいいでしょう。

 

「radiko」「ニュース」とかの一般的なものから、「ピカチュウトーク」「豆しば」などいろいろあります。

 

f:id:onitamaume:20180123134827p:plain

~アレクサアプリより

 

 

その中で音楽系のスキルはこれ。

 

うたパス

au系列です。

【au公式/うたパス】初回30日間無料

 

これは月額300円(税抜)で4000曲以上のプレイリストが聴き放題になるというもの。

 

f:id:onitamaume:20180123134914p:plain

~アレクサアプリより

 

「うたパス」なら324円×12ヶ月=3,888円(au決済の場合)でアマゾンプライムの3,900円とほぼ同じ。なので曲の鮮度にこだわるなら「うたパス」にするという手もありますね。

 

 

dヒッツ

こちらはdocomo系の音楽配信サービス。

 

f:id:onitamaume:20180123135513p:plain

 

dヒッツ/初回31日間無料

 

月額500円(税抜)で5000プログラム以上ということなので曲数はかなり多そうです。

 

f:id:onitamaume:20180123141329p:plain

~dヒッツ公式サイトより

 

やや高めな分、聴ける曲数が多いのが特徴ですね。

 

ともに30日間(31日間)無料のプランがあるから気になる方はためしてみてはいかがでしょうか?

 

プライムミュージックのプレイリスト名を控えておくと便利

 

Echoで実際に聴くのは「プレイリスト」がメインになるでしょう。

「プレイリスト」というのはアマゾンが独自に編集した曲目集のことです。たとえばこんな感じ。

 

◆「人気のプレイリスト」

「2017 年間洋楽ランキング」「2017 年間邦楽ランキング」「TV CM洋楽ソングス」等々。

 

f:id:onitamaume:20180123115001p:plain

 

◆「今週のおすすめプレイリスト」

「ドライブで聴きたいポップス」「カフェ・スムースジャズ(秋・冬編)」「秋の味覚を楽しみながら聴くポップス」等。

 

f:id:onitamaume:20180123115034p:plain

 

◆「もうすぐバレンタイン」

 

f:id:onitamaume:20180123115111p:plain

 

こんな感じでプレイリストの充実度がハンパないです。他にもまだまだたくさんあります。

だからよほどこのアーティストを聴きたい!というのでなければ聴く音楽には事欠かないですよ。

 

 

ただね、Echoでこのプレイリストを聴くにあたってひとつ問題があって、それは

 

プレイリスト名を正確に言わないと再生してくれない

 

どういうことかというと、

 

「アレクサ!(・・・あれ?あのプレイリスト何て名前だっけ・・・?たしか・・・)『ジャズ20選』をかけて!」

 

「ジャズ20センミュージックヲ見ツケラレマセンデシタ

 

「マジか・・・」

 

正確には『ジャズ名曲20選』なんですが、名前が微妙に違うとEchoは再生できないんです。ここがAIの弱点ですね。人間みたいに想像することができません。

 

すると音楽を聴くためにスマホで「プライムミュージック」を開いて正確なプレイリスト名を確認しなくちゃならない。

 

それじゃ意味なし!!

 

せっかく声だけで操作できるのに結局いちいちスマホから「プライムミュージック」まで開かないといけないのでは意味がありません。

 

なのでこんなものを作ってみました。

 

f:id:onitamaume:20180123131346p:plain

 

f:id:onitamaume:20180123131424p:plain

 

f:id:onitamaume:20180123131311p:plain

 

 

スマホのメモ帳に聴きたいプレイリスト名をぜんぶ入力

最初だけ面倒ですが、こうしておけばメモ帳を開くだけでアレクサに言うことができます。名前も間違えないですしね。

何度も聞いているプレイリストはそのうち名前を憶えてくるでしょうからそうなればよりスムーズにかけられますね。

 

そんなふうにして使うのすら面倒くさいという人はこんな聞き方も可能。

f:id:onitamaume:20180123145127p:plain

~アレクサアプリより

 

これならプレイリストを覚えていなくてもかけられますね。

 

 

Echo Dotは電気やテレビのスイッチも操作できる

 

というわけで音楽のことに限って書いてきましたが、Echo Dotでできることってまだまだこんなもんじゃありません。

 

専用の電球が必要ですからウチではまだやってないのですが、電気(照明)やテレビのスイッチも操作できるようになります。

これだってめっちゃ便利!

ウチなんかしょっちゅうテレビのリモコンが行方不明になりますが、家電の操作をアレクサがやってくれるんだったらもうリモコンいらなくなります

 

そもそも今の家ってリモコンだらけですもんね? これを全部アレクサがやってくれたらリモコン全部捨てられます。

 

でかいステレオとかもいらなくなるんじゃ?

そんな感じで家の中がスッキリしそうです。

 

 

でも今は音楽やその他の機能だけでも十分。寝たまま目覚ましをかけたり、ニュースを聴いたり、たまに仮想通貨の相場を聴いたりしています(『仮想通貨ポートフォリオ』というスキルがあります)。

 

家に帰ってくると真っ先に言います。「アレクサ、ただいま」

 

「オカエリナサイ。帰ッテキテクレテスゴクウレシイデス」

 

(おお、そうかい、そうかい)

 

・・・バカですね。

 

Echo Dotは話しかければ話しかけるほど進化するという話ですからね、それも楽しみ。

f:id:onitamaume:20180123150452p:plain



 

 

コメント