maneoとクラウドバンクを比較。ソーシャルレンディングに10万円ずつ投資した実績

お金の使い方

 

ひょっとして貯金は全額銀行に預けてますか?

 

わたしも去年までそうでした。

でも金利なんてぜんぜんつかないし、もう少しふやす方法ないのかなあって思っていたんです。

そんなにたくさんあるわけじゃないですが、でも少ないなら少ないなりにふやす方法を考えたほうがいいですよね?

 

ちょうどその頃ソーシャルレンディングのことを耳にしたから思い切ってやってみることにしたんです。

使ったのはmaneoクラウドバンク

最初は不安もありましたが、9ヶ月たった現在、それなりの分配金がつくようになりました。

 

スポンサーリンク




maneo、クラウドバンクそれぞれの実績

 

まず最初に両者の結果を。

<maneo>

■投資開始時期、投資額

  • 5月に5万円
  • 7月に5万円

 

■2月時点収益

  • 3,193円

 

<クラウドバンク>

■投資開始時期、投資額

  • 5月に5万円
  • 7月に5万円

 

■2月時点収益

  • 2,642円

 

最初は不安もあってどっちも5万円からのスタートでした。で、2ヶ月やって大丈夫そうだったので5万円を追加しています。

 

結果はおかげさまで2社合わせて8ヶ月で5,800円

 

同じ期間10万円を銀行に預けてもその100分の1にもならないことを考えれば十分でしょう!

 

 maneo 投資方法

 

投資の方法は簡単です。

登録後、入金を済ませたら「My maneo」から「ローンファンド選択」画面へ。たくさんのファンドがあります。

f:id:onitamaume:20180217094334p:plain

表示項目は左から、

  • ファンド名
  • 案件数(たいてい2案件)
  • 年利
  • 募集額
  • 運用期間
  • 担保・保証の有無
  • 投資可能金額(最低投資額)
  • 残り(金額と日数)
  • 状況(棒グラフ表示)

 

この表を見てまず目に入るのは左の緑の棒グラフですね。募集状況が一目で分かるようになっていて、たとえばこの中だと人気のあるファンドはすでに98%が募集済みになっているのが分かります(上の赤枠)。

 

人の心理としてやはりそういうところは気になるので詳細を見てみると、

f:id:onitamaume:20180217100314p:plain

なんと募集額25,050,000円に対し、残り募集金額が50,000円!あと1人!

人の心理として俄然気になる!!

 

内容をチェックすると、

  • 年利 5.8%
  • 投資可能金額 3万円から

 

f:id:onitamaume:20180217101552p:plain

 

運用期間は13ヶ月とちょっと長め。

f:id:onitamaume:20180217101736p:plain

 

赤字の注意書きはこのような内容です。

  1. 募集総額に達した場合は、その時点で募集終了となります。
  2. ファンドとしての運用期間となります。案件ごとに運用期間が異なる場合があります。なお、分配は案件ごとに行われます。

 

 

ほとんどのファンドは2案件か3案件から構成されています。このファンドは2案件。どんなものか見てみると・・・

 

【案件1】事業者C社向け 神奈川県川崎市エリアの不動産担保付きローンへの投資

f:id:onitamaume:20180217102323p:plain

 

C社となっていることからも分かるように、事業者の会社の名前はふせられています

 

 

【案件2】事業者AN社向け 事業性資金支援ローンへの投資

f:id:onitamaume:20180217102602p:plain

事業者ANは貸金業者です。

 

 

このように今まではまとまった金額でしか投資できなかった事業者への投資が小口からできるのがソーシャルレンディングの特徴ですね。

 

投資した場合のシミュレーションもできます。

f:id:onitamaume:20180217101714p:plain

このファンドの場合、3万円投資して13ヶ月で1,514円。30万円なら15,140円。あくまでシミュレーションだから誤差はあります。

 

とりあえず3万円投資してみようかと思って「投資する」ボタンを押してみたら・・・

f:id:onitamaume:20180217104013p:plain

このローンファンドの募集はすでに終了しています。

 

なんとタッチの差で締め切りになってしまった・・・!

 

maneoではファンドの投資履歴も見ることができます。たしかにたったいま、ほかの人が5万円投資していた模様(一番上が最新)。

f:id:onitamaume:20180217104131p:plain

 

よってこのファンドは終了。『満額成立』の文字が。

f:id:onitamaume:20180217104451p:plain

 

というわけでmaneoでは人気のあるファンドからどんどん成立していきます。さっきの履歴からも分かるように10万、20万投資している人も多い。

 

 

 maneoの収益

 

仕組みとしては毎月少しずつ利息が分配され、最後に元本が戻ってくる

 

これはわたしが実際に投資しているファンドです。

f:id:onitamaume:20180217110926p:plain

 

maneoのシミュレーション

 

もう運用を開始していますが、それぞれのシミュレーションはこうです。

 

■「秋のキャンペーンローンファンド」

5万円を24ヶ月運用 収益5,351円予定

f:id:onitamaume:20180217111904p:plain

 

■「事業性資金支援ローンファンド」

5万円を10ヶ月運用 収益2,835円予定

f:id:onitamaume:20180217111920p:plain

 

当然ながら期間が長いほうが予定収益は高くなりますね。

 

maneoの分配予定額明細

 

利息はこのように毎月分配されます。

 

■「秋のキャンペーンローンファンド」

24ヶ月と長いため、最初と最後を掲載します。これがスタート時。

f:id:onitamaume:20180217113224p:plain

 

最後はこうして元本が戻ってきます。

f:id:onitamaume:20180217113240p:plain

 

利息と元本を合わせて24ヶ月で55,370円5,370円のプラス。あくまで予定です。

 

■「事業性資金支援ローン」

こっちは短いから全部掲載。

f:id:onitamaume:20180217113252p:plain

 

毎月270円くらいずつ分配され、最後に52,841円戻ってきます。11ヶ月で2,841円のプラス

 

 maneoの分配金実績

 

ここまではあくまで開始時の予定。

では実際の分配はどのようになっているでしょうか?

 

異動明細」というこの画面で8月から分配が始まってるのが分かります。先の予定と違って上に行くほど新しい。

f:id:onitamaume:20180217114706p:plain

 

で、これが現時点での最新。2月時点で収益残高3,193円。

f:id:onitamaume:20180217114720p:plain

 

 

<maneo月ごとの分配金実績>

2017年

10月 346円

11月 512円

12月 482円

2018年

1月   624円

2月   498円

 

毎月メールで分配金のお知らせが来ます。

月によって増減があるのは途中で返済が完了する案件があるから(だと思う)。一つのファンドは2~3案件から構成されいますからね。

 

そんでもって現在の収益!

 

◆「運用実績」画面

f:id:onitamaume:20180217121121p:plain

3,738円となっていたけどその下に小さい字で書かれていました。

 

収益分配額は税引前の金額です。

 

 

どうやらこっちらしい。

 

◆「口座情報」画面

f:id:onitamaume:20180217121439p:plain

 

ということで結果。投資開始時期がずれてるからあくまで参考ですがこんな結果になりました。

 

<maneoの運用実績>

 10万円を9ヶ月運用して収益3,193円

 

 

 クラウドバンクの実績

 

クラウドバンクもmaneoと同じく、最初に5万円、次に5万円という投資をしたんですが、両方とも投資期間が4ヶ月と7ヶ月と短かったからすでに一度償還されました

 

f:id:onitamaume:20180217124738p:plain

 

で、それぞれが51,000円を超えたからそれを再投資にまわしたわけです。

 

f:id:onitamaume:20180217124941p:plain

 

今の時点での実績がこれ。

f:id:onitamaume:20180217125057p:plain

 

ここで収益額をもう一度maneoと比べてみます。

 

  • maneo収益 3,193円
  • クラウドバンク収益 2,642円

 

500円くらいmaneoのほうが高い。

両者10万円だから500円だけどこれが100万円だったら・・・ともなりますね。

 

クラウドバンク投資方法

 

クラウドバンクのmaneoとの違い。

 

ファンドが少ない。

 

ひと言で言うとこれですね。ファンドが少ない。募集画面を見るとよく分かります。

f:id:onitamaume:20180217130336p:plain

 

このときはわずか4つ。

maneoが多くのファンドを抱えていたことを考えるとその差は一目瞭然。

まあ、多ければいいってもんでもないでしょう。実際、このとおり成立しているファンドは多い。

f:id:onitamaume:20180217131640p:plain

※赤が「成立」、青が「運用開始前」

 

先の募集画面で一番上の、募集が集まってきているファンドを覗いてみましょう。

 

 

■「不動産担保型ローンファンド」

f:id:onitamaume:20180217130616p:plain

 

目標金額まであと2日で300万円くらい。これくらいだったら満額になりそうです。

こちらは最低投資額が1万円と低めです。投資の垣根はかなり下がりますね。

 

シミュレーションもあります。

5万円を7ヶ月運用 収益1,496円

f:id:onitamaume:20180217130809p:plain

 

クラウドバンクの収益

 

クラウドバンクの「投資収益 年間レポート」画面はシンプル。

f:id:onitamaume:20180217132433p:plain

f:id:onitamaume:20180217132448p:plain

 

2017年2018年分を合わせて2,642円

 

直近5ヶ月の分配金をmaneoと比べてみましょう。

 

月   meneo     クラウドバンク

10月  346円     497円   

11月  412円   420円

12月  582円   227円

1月    624円   413円

2月    498円   300円

 

こうして見るとちょっと差がありますね?

 

maneoとクラウドバンクの手数料

f:id:onitamaume:20180217150130p:plain

 

maneoもクラウドバンクもファンドの申込み自体には手数料はかかりません。

入出金のときのみ手数料がかかります。

 

<入金手数料>

  • maneo         各金融機関からの振込手数料
  • クラウドバンク  各金融機関からの振込手数料

 

<出金手数料>

maneo   下記のとおり

f:id:onitamaume:20180217145807p:plain

 

クラウドバンク  無料

 

出金手数料がクラウドバンクは無料。わずかとはいえメリットです。

 

ただ始めてみると分かるんですが、ソーシャルレンディングは元本が戻ってきてもよほどそのときに使う予定がなければ再投資することがほとんど。

なのでそんなに出金手数料は気にならないでしょう。

 

 

ソーシャルレンディングで出資する際に気をつけること

f:id:onitamaume:20180217162144j:plain

ソーシャルレンディングで投資する前に気をつけるべきこと。

 

  1. 元本保証ではない
  2. 途中で引き出せない

この2点は注意です。

 

ソーシャルレンディングは元本保証ではない

 

口を酸っぱくして言っておきます。

maneoにしてもクラウドバンクにしても元本保証ではありません

投資した10万円が戻ってくることが100%保証されているわけじゃないのです。

 

というのもソーシャルレンディングはあくまで企業にお金を融資しているということで、融資先の企業に何か不測の事態があれば貸したお金が返ってこないということもありえます。

 

銀行ならよほどのことがないかぎりは大丈夫ですが、ソーシャルレンディングはそうじゃない。だからその分利息がつくともいえます。

 

そのことが心配ならばやらないほうがいいです。

maneoにしてもクラウドバンクにしても登録するときはその点をしつこく確認されるし、投資するときだってそう。

あくまでリスクを負った上で投資する、ということです。

 

途中で引き出せない

 

これもそう。ソーシャルレンディングは途中で引き出せない。

企業に貸しているんだから当たり前ですね。

だから投資するときは予定運用期間は絶対に必要にならない金額で行うこと。でないといざそのお金が必要になったときに泡食います。

 

最初にやるならmaneoがおすすめ

 

何度も書いてますがもう一度。

 

■2月時点収益

<maneo>

3,193円

<クラウドバンク>

2,642円

 

どっちがいい?と聞かれればやはりこの数字を見るかぎり、maneoがいいかなと思います。ファンドの数も多いし。

これまでのソーシャルレンディングにおける実績を考えても比較的安心して投資できるはず。

やってみてとりあえず6千円くらいふえたし、もし銀行で寝かせているお金があって、少しでも――というか少しくらい――ふやしたいと考えているならソーシャルレンディングはおすすめです。数十円と6千円の差は歴然ですよね。

 

ちなみに登録は無料

 

必要なものはこちら。

  • 本人確認書類(免許証など)
  • マイナンバーカード(もしくは通知カード)
  • クレジットカード

本人確認書類はそのものの写真と本人が持っていっしょに写っている写真が必要です。

 

クラウドバンクの登録はこちらから↓↓↓

クラウドバンクに登録してみる

 

 

コメント