30代40代男性におすすめの長財布はやっぱりルイ・ヴィトンのタイガだね

ファッション

 

10代20代ならともかく男30代、40代ともなればある程度いいものを身につけたい。

 

洋服や靴はもちろんのこと、おりにふれ人目に触れる財布も大事なアイテムのひとつ。

 

そろそろいい財布がほしいな~、買い替えたいな~と考えているあなたにぴったりの財布を紹介します。

 

※前半は長財布について書いているだけなので、とにかく早くタイガのことを知りたいという方は目次で「5.ルイ・ヴィトンの札入れ タイガ」に飛んでください♪

 

スポンサーリンク




「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?」

 

少し古い本ですね。いかにも、なタイトルですが興味ある人はぜひ読んでみてください。

 

中でも興味を惹かれたのはこの部分。

おおむねその人の年収というのは、今使っている財布の購入価格の200倍に匹敵する、という事実に気づいたのです。

 

つまり5万円の財布を持てば年収が1,000万円に向けて伸びていく、ということ。

 

もちろん科学的根拠はないです。税理士である著者が数多くのお金持ちの人に会って、数多くの財布を見てきたことの結論だそうです。

 

長財布を使ったほうがいい理由

f:id:onitamaume:20180301124553j:plain

 

 

10代20代ならともかく、ある程度の年齢になったら長財布を使うべし

 

若けりゃいいんです。若けりゃ尻のポケットから二つ折りの財布だして、そこから小銭数えて出してもいい。

 

でも、ある程度の年齢になったらやめましょう。

はっきり言ってそれ、

 

あんまりかっこよくない

 

ビジネスマンならなおさら。

 

というのも販売員をやっていましたからそういう場面をよく見かけたのですが、

 

スーツ着たビジネスマンが会計のときになって尻ポケットから2つ折りの財布出すのははっきり言ってあんまりみっともいいもんじゃない。

 

いや、若けりゃいいんです。何度も言いますが若けりゃいい。あと、カジュアルな恰好のときもかまわないでしょう。

 

でもそうじゃなくて、スーツで決めた30代40代の人が——まあ20代ならまだいいのかもしれません——ジャケットの裾をまくり上げて尻から財布を取りだすのはどーなの?ってことです。

 

それよりは、

 

ジャケットの内ポケットからスマートに長財布を取りだそうよ

 

絶対そのほうがかっこいいです。

 

財布は札入れを使う

 

あともうひとつはこれですね。

 

札入れを使おう

 

札入れというのはお札だけを収納するタイプの財布のこと。小銭入れがついていないもののことですね。

 

じゃあ小銭はどうするの?と思うかもしれませんが、そりゃもちろん、

 

別に小銭入れを用意する

 

え~そんなのめんどくさ!って思いますよね。実際、ちょっと面倒な時もあります。慣れるとはいえ、お金を払うのが手間な時もあります。

 

それでもなぜ札入れをすすめるかというと、

 

本当のお金持ちは札入れを使っていることが多い

 

わたしは今は販売やってますがその前はずっと営業でした。それも富裕層相手の営業

 

自然、お金持ちの人とよく会うことになります。そのとき、

 

50代から70代の男性のお客様は札入れの使用率が高かった。

 

年配の人はほとんどの人が札入れでしたね。

お札やクレジットカードは札入れから出し、小銭は小銭入れから出してました。中には小銭はポケットに直接入れている人もいましたね。

 

ただ、女性は違いますよ?

 

女性のお客様はほぼ全員が小銭入れつきでした。そしてみな同じようにパンパンにふくれてました。女性の財布ってのはすごいですね。

 

でも男性はこれやめましょう。

 

スリムな札入れをつかおう

 

ここでまた先の本の話に戻ります。

 お金にあまり好かれていない人の財布は例外なく太っています。

 

読んでハッとした。以来、ちゃんと実践しています。

 

  • 余計なものを入れない
  • 中をときどき整理する

 

こうしていれば財布を常にいい状態にしておくことができる。余計なものが入ってないので財布も傷まないし、お金にも気持ちよく?中にいてもらうことができるんです。

 

そもそもスーツの内ポケットに入れるにはスリムであることが必須。財布が膨らんでいたらシルエットが不格好になってしまうし、動くのにもじゃまになりますもんね。

 

だからシンプルでスリムな札入れがいいというわけです。

 

ルイヴィトンの札入れ、タイガ

f:id:onitamaume:20180301101438j:plain

 

購入したのは2011年。

大事に使っているということもありますが、われながらめっちゃきれいだと思います。

特徴はこんな感じ。

  • 革:成牛の皮をクロームでなめした後、染色したもの
  • カード入れ:6 
  • ポケット:1
  • レシート入れ?:1

 

ルイヴィトン タイガのいいところ

 

8年ちょっと使ってみて、どんな点がいいのか簡単にご紹介します。

 

うすい

f:id:onitamaume:20180301103301j:plain

 

これはお札15枚とカード9枚をすべてのポケットにつめこんだ状態。

 

でも全然厚くなりません。スーツの内ポケットに入れても全然気にならない。

 

身体の小さなわたしがそうなんですから大きい人はさらに気にならないでしょう。

 

 耐久性が高く丈夫

f:id:onitamaume:20180301103917j:plain

 

たしかにかなり気をつけて使っているというのはあります。痛まないように注意して使っているというのはある。

 

でも、それを差し引いてもすごくないですか?これ。

 

だって7年以上使っているんですよ?仕事に行くときはほぼ毎日持っていってる。

 

なのにキズひとつついてない。

 

それどころかほつれもない。これは開いた左側の角。

f:id:onitamaume:20180301104239j:plain

 

右側に挿したカードの形にへこんでいるのは愛嬌として、

 

糸のほつれ、接着のはがれゼロ!

 

おまけに、

 

角っこの痛みなし!

f:id:onitamaume:20180301104638j:plain

 

ふつうこういう革製品って長く使ってるとどうしても糸がほつれてきたり、接着がはがれてきたり、あと角のところがすれて白茶けてきたりしますよね?

 

それがない。

キズもほんとに一つもないですからね。

もう、さすがルイヴィトン、と思わざるを得ません。

 

シンプルで飽きのこないデザイン

f:id:onitamaume:20180301105251j:plain

 

見てのとおり、めちゃめちゃシンプル。何の飾り気もナッシング。

 

パッと見はただの黒い財布。

 

でもよ~く見ると・・・

f:id:onitamaume:20180301110038j:plain

 

実はここにルイヴィトンのロゴが入っています。よく見ないと分からんくらい。

ブランドネームをあまり大きく見せたくない!という人にはぴったりです。

 

 

ルイヴィトン タイガのデメリット

 

ぶっちゃけわたし自身はデメリットに思ってるところはありません。

でも人によってはここが気になるかなという点を書いておきます。

 

カード入れが少ない

f:id:onitamaume:20180301173426j:plain

 

あくまでわたしが持っているこのタイプについてです。

今はカード入れが多いタイプがふえてきていますから。両サイドに入れられるものが一般的です。

 

対してこのタイプは、右側のカード入れに6枚、左側のポケットに2枚、あとその裏のレシートを入れるようなところに2枚入れたとして最大で10枚。これでも入れすぎの感があります。

ですからいつもカードを10枚以上は持ち歩かないと気持ち悪い、不安だという人には向きません。10枚以上は無理。

 

でも最初にも言ったように、財布は常日頃からスリムにしておいたほうがいい、ということを考えれば8枚くらい入れば十分でしょう。

この機会にあえて要らないカードを見直す、常に持ち歩くのをやめる、ということを考えてもいいかもしれないですね。

 

お札の容量が少ない?

 

これはお札17枚をいれたときの写真。

f:id:onitamaume:20180301111341j:plain

 

ほとんど千円札。万札ならうれしい。

容量は20枚くらいがいいところじゃないでしょうか?それ以上だと財布が痛みそう。

サイドジップの長財布だともっとたくさん入るでしょうが、このタイプはそこまでは入りません。

 

でも言ってしまえば、

そんなに入れる必要もないですよね?

20枚も入れば十分でしょ!

 

ここでまた話はそれます。

営業の頃、お世話になっていたあるお客様は、少なくとも財布の値段と同じ額のお金を入れておきたいと考える人でした。なので、

30万円の財布を買ったときは1万円札30枚をその財布に入れようとしてました。ギリギリ入ったからよかったけど・・・そんな人も世の中にはいるんですよね。余談。

 

タイガを使うときの注意点

 

これはタイガに限らず、長財布全般に言えること。

  • 尻ポケットに入れない
  • 濡らさない

最低限、この2点は守ってください。

 

尻ポケットに入れない

f:id:onitamaume:20180301142859j:plain

 

よく若いニーチャンがデニムの尻ポケットから長財布の上半分を覗かせて歩いているところを目にしますけど、あれは絶対やっちゃダメ!

タイガはそういう財布じゃありません。

 

いかにも、な感じのカジュアル感バリバリの財布ならかまいませんよ?チェーンでつないでおくような財布ならそれもまたファッションかもしれません。ポケットから覗かせておいてもいいのかもしれない。

 

でも、間違いなく言えることは、

 

尻ポケットに入れると財布が傷む!

 

だってただでさえきつい尻のところに入れるわけですよね?さらにそのまま座ったりするわけですよね?イスとかに押しつけられるわけですよね?

 

財布曲がっちゃいます、それ!!

そんなことしてるとあっという間に傷んじゃうんです。

 

間違ってもタイガでやってはいけません。

以前、駅でまたまた若いニーチャンがルイヴィトンのダミエの長財布を尻ポケットから覗かせて歩いていましたけど、わたしにはダミエが泣いているように思えました。せっかくのいい財布が泣きます。

 

だからタイガに限らず、いい長財布を使うときはスーツ、ジャケットの内ポケットに入れること。あるいはカバンの中に入れること。

 

そういうゆったりした場所で使ってあげましょう。

 

濡らさない

 

革製品ですからね、言うに及ばず。

 

買ったときの「エピ/タイガ・ライン 使用上の注意について」にも一番初めに書かれてます。

皮革の性質上、摩擦・水濡れ・汗等により、本体またはショルダーストラップから色落ちすることがあります。淡色のお洋服をお召の際や雨の日のご使用については特にご注意ください。

万一、濡れた場合には柔らかい布で水分を拭きとった後、陰干ししてください。

 

靴にしろ何にしろ、革にとって水は大敵

財布だからぬれるシーンは少ないでしょうけど、手を洗ったあととか、濡れたコップを触った後とか、濡れた傘をさわった後とか、ついうっかりそのまま財布を持たないように気をつけましょう。

もし濡れたらすぐに拭くこと

 

長財布ならルイヴィトンのタイガがおすすめ

 

というわけで、この春、財布の購入を考えているのなら、ルイヴィトンのタイガはおすすめ。

 

いいものを長く使いたい人にはぴったりです!

 

 

※こんなふうに紹介しておいて申し訳ないのですが、今回の財布と同じものはもう販売されていないようです。モデルチェンジしていますからね。

 

↓こちらはカードが16枚入り、小銭入れもあるタイプですね。並行輸入品なのでご参考までに。

コメント