パラブーツの選び方。甲が低い人にはシャンボードよりもアヴィニョンがおすすめだよって話。

ファッション

 

靴好きの人の間で人気のパラブーツ。

わたしもしばらく靴を扱う仕事をしていましたからその人気はよく分かります。

独特の存在感がありますからね、パラブーツって。「made in France」ってのも一役買っているのかもしれません。

 

ところであなたはパラブーツの何が欲しいのでしょうか?

やっぱりシャンボードですか?

きっとほとんどの人がそうですよね。「パラブーツ=シャンボード」みたいなところありますもんね。

 

でもシャンボードって実はすごく履く人の足を選ぶから、買うときにはくれぐれも気をつけましょうね。

・・・というのが今回のお話です。

 

スポンサーリンク




シャンボードは甲が高い

 

ひと言で言うとこれですね。

すごく甲が高い。そういう木型なんです。

幅はやや細めでとにかく甲が高い。

だから残念ながら甲の低い人は履けません

 

え?

ちょっとぐらい大丈夫だろって?

 

・・・それね、

 

甘っ————い!!!

 

シャンボードはそんな生易しい靴なんかじゃありません。フランス語が話せないとフランス人に相手してもらえないのと同じ。合わない足は徹底的に排除されます。

 

甲の低い人がシャンボードを履くとどうなるか

 

ここで言う甲が低い人とは実はわたしのこと。わたしの足はとっても甲が低いんです。

 

ご参考までにちょっとお見せしましょう。

 

 

・・・んな人の足なんて見たかねーよ!

 

 

という人はここでブログから去ってもらってかまいません。決して美しいものじゃないですから。

 

でも、たとえ美しくないものを見ることになろうとも、シャンボードに合わない足とはどんな足か?を知りたいと思うのならこのまま見てください。一応、洗ってありますww

 

では、用意はいいですか?いきますよ?

 

 

◆足長 : 25.5㎝

f:id:onitamaume:20180210220103j:plain

 

お店ではこんな計り方しませんけどね、分かりやすいように。あと、見苦しいところにはモザイクをかけました。せめてものマナーww

 

◆足囲(ボールガース) : 23.5㎝

f:id:onitamaume:20180210215643j:plain

 

ボールガースというのは、靴好きな人なら知っていると思いますが、「ボールジョイント」部分のことです。親指側と小指側の出っ張ったところ

 

◆足囲(ウエストガース) : 22.5㎝

f:id:onitamaume:20180210215941j:plain

ウエストガースはちょっと分かりにくいかもしれませんが、ボールジョイント部分よりもう少し土踏まずよりのところです。まあ、あんまり気にしなくてもいいです。

 

◆高さ : 4㎝くらい?

f:id:onitamaume:20180210220717j:plain

 

これは目安ということで。

実際、わたしはここがめちゃんこ薄いんです。たいていの靴は甲がベコベコになります。

 

では最後にもう一度まとめます。

  • 足長      25.5㎝
  • ボールガース  23.5㎝
  • ウエストガース 22.5㎝

 

これが甲の低い足というわけですね。

 

さあ、この足がシャンボードを履くとどうなるのでしょうか?

 

ギリシャ型?エジプト型?形で変わる靴のサイズ

 

シャンボードに限ったことじゃなく、これは靴全般に通じる話なんですがちょっとだけ説明を追加します。

 

あなたの足はギリシャ型?それともエジプト型?

 

◆ギリシャ型

人差し指がいちばん長い

f:id:onitamaume:20180211080229p:plain

 

◆エジプト型

親指がいちばん長い

f:id:onitamaume:20180211081612p:plain

 

これで何が言いたいのかと言いますと、

足の形によっても合う靴のサイズが変わるってことです。

 

というのも、さっき見てもらったようにわたしの足のサイズは25.5㎝です。

でも履いている靴はほとんど24.5なんです。リーガルのように大き目のものだと24.0のもあります。

 

なぜそういうことが起こるかというと形がギリシャ型だから

 

どういうことかというと、

もう一度この画像を見てください。

f:id:onitamaume:20180210220103j:plain

 

ご覧のとおり人差し指がいちばん長くなっています。

 

ここで靴の形を思い出してください。

普通、靴の先端は真ん中よりやや内側、人差し指のあたりがいちばん長くなっています。

これはギリシャ型の足と同じ形ですよね?つまり足と靴の形が合っているんです。

これがエジプト型だとそうはいきません。親指がいちばん長いから靴の形とは合わない。

でも靴はエジプト型の足でも履けるようなサイズで作られていますから、その同じ靴をギリシャ型の足の人が履こうとすると、小さいサイズの靴でも履けてしまうんです。

 

もちろんすべてがそうなるわけじゃありません。靴のサイズ合わせにはこれ以外にも足幅の広さとか甲の高さとかいろいろな要因がありますから。

ギリシャ型でも甲が高かったり幅が広かったりすればやはりそれなりのサイズが必要になることもあります。

 

ですが、甲が低くてしかもギリシャ型という人は実寸より小さいサイズが合うことが多いです。

だからわたしも足長は25.5㎝なのに実際に履く靴は24.5なんですね。

 

シャンボードの試し履き

 

これはパラブーツのサイズ表です。

 

UKサイズ   センチ

 5¹/₂     24.0

 6         24.5

 6¹/₂     25.0

 7      25.5

 7¹/₂     26.0   

 8      26.5 

 8¹/₂     27.0

 

これからすると、ふだん24.5の靴を履くわたしの場合、シャンボードだとUK6サイズと思われます。

 

☆こだわりたい人はこちらもどうぞ。

 

シャンボードUK6を履いてみる

f:id:onitamaume:20180213111704j:plain

 

どうですか?

 

このときはスーツだったのでパンツがいまいちですが、でもやはりシャンボードいいですね。

長さもちょうどいい。気持ちゆるいかなというくらいです。

 

が、しかし。

f:id:onitamaume:20180213111914j:plain

 

羽根がぴったんこ。

 

軽く締めただけで両の羽根がくっついています。

f:id:onitamaume:20180213112015j:plain

 

このあとさらにひもをギュッと締めたら羽根、重なりました。それ・・・

 

アウトォオォ———ッ!!!

f:id:onitamaume:20180213113403j:plain

 

くっつくくらいならギリギリセーフかなとも思いますが、重なっちゃいけないですよね。明らかにサイズが大きい。

実際、甲を触るとブカブカしています。

 

シャンボードUK5¹/₂を履いてみる

 

6では大きかった。

なら1つ下のサイズにしますよね?1つ下でイケると思いますよね?

 

ところがそうはいかないのがシャンボード。

 

5¹/₂を履いてみたら、

f:id:onitamaume:20180217214344j:plain

 

この写真じゃ分かりにくいんですが・・・

 

めちゃめちゃつま先当たってる!!

 

履いた瞬間分かります、あ、これダメだって。だって指先が丸まってますからね。ネコパンチみたいに。

 

でもせっかくだからと歩いてみたら・・・

 

痛いーっ!!!

f:id:onitamaume:20180213114917j:plain

 

つま先当たりまくり。痛いのなんの。

 

普通、試し履きのときって、

 

あれ・・・ちょっとつま先当たってっかな・・・?

 

みたいな感じで当たってるか当たってないかって微妙なところですよね?

 

でもシャンボードは違うんです。

全然微妙じゃない。

がっつり当たってるんです。

だからすぐ分かります。

 

おまけにショッキングなことに。

5¹/₂にサイズ下げてもまだ羽根が閉じるという・・・

f:id:onitamaume:20180217214756j:plain

 

どんだけ甲高いんだ。っていうかわたしの甲が低すぎるのか。

 

とにかく合わない。

 

いやー、ムリです、これ。

 

結論:甲の低い足ではシャンボードを履けない

 

これが結論です。

 

薄っぺたい足の人はシャンボード履けません。

 

最近若い人は薄い足の人多いですからね。薄くて細い。中にはDウィズより細いって人もいてびっくりします。

まあ、細いのはともかく、薄いのはシャンボード向きじゃありません。

 

甲が余るから、とサイズを落としていくとどこかでつま先が当たる。そこで終了です。

 

中敷きって手もあるのかもしれませんが、あんまりおすすめしません。

シャンボードはコルク入ってませんがそれでもそれなりに沈みますからね。あと革も伸びます

中敷きを入れてそのときは合っても、履いているうちにまた甲まわりが大きくなってきます。

 

甲が低い人にはアヴィニョンがおすすめ!

 

ここまで読んで残念ながら、

 

自分は甲が低くてダメなのか~っ!!

 

パラブーツ履きたいのに~っ!!

 

となったあなた、あきらめるのはまだ早いです。

 

甲が低い人にもおすすめできるパラブーツがあるのです。その名も、

 

 

アヴィニョン!

f:id:onitamaume:20180211093536j:plain

f:id:onitamaume:20180211093556j:plain

 

どうですか?よくありませんか?

 

何もシャンボードだけがパラブーツじゃありません!

アヴィニョンだってじゅうぶんイケてます!じゅうぶんにパラブーツしてます!

 

ちなみに日本で一番人気があるのはシャンボードですが、

 

本国フランスではこのアヴィニョンがいちばん人気があるみたいですよ!

 

ヒョッホ———ッ!!!

 

シャンボードとアヴィニョンの違い

 

Twitterから拝借します。

 

 

 

似ているっちゃあ似てますが、違うっちゃあ違います。

細かい違いはさておき、履くときに大事なポイントは「木型が違う」ということ。

 

  • シャンボード 幅がややせまく甲が高い
  • アヴィニョン 幅がやや広く甲が低い(低め)

 

簡単に言うとアヴィニョンのほうが横に広く薄いです。

 

薄いっていってもあくまでシャンボードと比べたら、ですからね。

イタリアのベニーニョとかスペインのマグナーニとかと比べちゃいけません。あのへんは本当に薄いから。もっともマグナーニは甲が低い足なら必ず合うというわけでもないんですが。

 

アヴィニョンUK6を履いてみる

 

んじゃまずUK6から。

f:id:onitamaume:20180211100839j:plain

 

・・・って何これ?雪降ってたの?

 

・・・なわけはなくてこれはパラブーツ特有のロウ分の付着です。新しいパラブーツはこんなになっていることが多い。ので気にする必要ありません。

 

で、サイズは?

f:id:onitamaume:20180211101109j:plain

 

ちょっと大きいかな?という感じ。かかとがゆるい。

あと気になったのはここです。

f:id:onitamaume:20180211101224j:plain

 

羽根が閉じる

やっぱり閉じちゃうんですよね~

 

まだそれほど強く紐を結んでいないのにくっついてます。シャンボードと同じできつく締めたら重なるでしょう。

 

アヴィニョンUK5¹/₂を履いてみる

f:id:onitamaume:20180217214940j:plain

 

シャンボードとの違いが分かります?よね?なんと・・・

 

羽根が開いてる。

 

同じ5¹/₂でもシャンボードは羽根が閉じちゃうんですがアヴィニョンは開いてます。それって・・・

 

・・・ワンダフル――ッ!!

f:id:onitamaume:20180217215651j:plain

 

夢にまで見た羽根開き。

すばらしいよ、アヴィニョン!!

 

で、履いてみたサイズ感。

 

シャンボードのようには当たらない。

 

ってとこでしょうか。具体的には、

 

  • 少~し小指が当たる
  • ただしシャンボードのようにがっつり当たるわけじゃない

 

履いた瞬間にダメと分かる当たり方じゃない、ということです。他の靴で悩むときと同じ感じ。まあ、これはこれで迷うんですが。小指がぁ~、みたいな。

 

でもアヴィニョンはコルク入ってますからね。多少は沈むことを考えればこのサイズでいける気がします。

 

f:id:onitamaume:20180217220024j:plain

 

ただ5¹/₂のサイズってお店によってはないときもあります。そのへんが難しい。

もしあればウィリアムもたしか同じ木型のはずだからウィリアムで試してみてもいいかもしれません。

 

甲が低いのならアヴィニョンがおすすめ

 

f:id:onitamaume:20180217220135j:plain

 

ということで、パラブーツが欲しいけど甲が低いというあなた。

 

アヴィニョンを買おう!

 

いいですよ、アヴィニョン。

 

どんなお店でも人気があるのはシャンボードですが、甲が低いと履けませんからね。ムリして履いてもいいことないですよ。

 

あとシャンボードはやや細めだから足幅の広い人が履いていると、靴自体が横に広がって当初の形が崩れてくるってこともあります。

 

シャンボードって幅が細くて甲が高いという、縦に長い(深い)デザインだからかっこいいけど、横に広がってしまうとちょっと見た目の印象が変わります。ん?ってなる。カエル・・・?

f:id:onitamaume:20180213131314j:plain

 

・・・いきなりカエルを出してすみません。広がったシャンボードを見たときのわたしの勝手なイメージです。怒られちゃいますね、こんなこと書くと。

 

でも、まあ、できれば専用のシューツリーも買っておいたほうがいいでしょう。直営店ならあります。

 

直営店が近くになければこのへんでもいいかと。これならそこそこ高さがあります。

 

 

というわけで、シャンボードを買おうかどうしようか迷っているあなた。

 

まずは自分の足と向き合いましょう。

 

甲がそこそこ高ければ、そしてすごい幅広ということでなければシャンボードOK♪

 

で、甲が低いという人は、残念ですがシャンボードのことは忘れましょう。

 

そしてアヴィニョンに恋しましょう。

 

きっとあなたのことを待ってますよ。

 

 

 

 

 

 

靴の仕事に興味のあるかたはこちらへ↓↓↓

関連記事:「靴の仕事のメリットとデメリット、元紳士靴の販売員がすべて伝えます

 

 

 

コメント