会社の面接に履いていく靴。これを知らないとあなたは面接に〇〇るかもしれない。

ファッション

 

就職活動や転職活動で面接をうけるとき、ほとんどの人は服装に関してはある程度ちゃんとしたものを身につけますよね?

 

でも、靴はどうですか?靴のことまでちゃんと考えて面接に臨んでいますか?ちょっとヘタレた靴で行ってるなんてことはありませんか?

 

ここでは、これから企業との面接があるという人に靴の大事な話をします。

 

どれくらい大事かって言うと、

 

あなたの面接の結果を左右するもしれないくらい大事な話なのでぜひ読んでみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク




企業で面接を担当するお客様から聞いたショッキングな話

f:id:onitamaume:20180224090521j:plain

 

わたしは元靴の販売員です。そのときに出会ったあるお客様の話をします。

 

スーツ姿もバッチリ決まった、40~50代くらいのダンディな感じの人でした。気さくな方だったので内向型販売員のわたしでもすぐに親しくなれました。

 

で、ある日、何度目かの接客のとき、気になっていたことを聞いてみたんです。どんな関係のお仕事ですか?と。

 

業界については伏せますが、その人自身は経営者側に属していて、採用に関することにも携わっているとのことでした。

 

「採用、ですか」

「うん、だから学生の面接とかもよくやるんだけどね」

 

そこから話は面接のことに移っていったんですが、

 

 

それは実に驚くべき話でした。

 

 

面接官は学生の靴を見ている

f:id:onitamaume:20180224091530j:plain

 

そのお客様は言ったんです。「靴って大事なんだよ

 

わたしが靴の販売員ということもあってそんな内容の話をしてくれたのだと思いますが、このあと続けられた話はまさに

 

 

マジすかっ!?!?

 

 

と声をあげたくなるくらいインパクトがある話でした。

 

その人はこう言ったんです。

 

 

「面接が終わって後ろ向いて出ていくとき、必ずその人の靴を見るね」

 

 

さあ、ここで思い出してください。あなたの靴は今どんな状態ですか?

 

 

「でさ、靴って長く履いてるとかかとの外側がすり減ってくるじゃない?」

 

 

分かりますか、この状態?

 

歩き方のクセにもよりますが、だいたいかかとの外側がすり減ることが多いですよね?駅で前を歩いている人の足を見ると分かります。中にはごっそりすり減っている人もいます。

 

そういう人ってそんなに気にしないんですよね。あまりにもすり減ったら次の靴を買えばいいやくらいに思っているのでしょう。

 

でも、それはあまりいい判断ではないということが、このお客様が続けた話で分かります。

 

 

「そんな靴を履いている人はさ、どこかルーズなところがあるんだよ」

 

 

「上をいくらビシッと決めていてもさ、かかとがすり減った靴を履いてるのはやっぱりどこかルーズなところがあるってことなんだよ」

 

 

どうです?あなたの靴はかかとがすり減っていませんか?もしそうだとしたら

 

 

あなたにはルーズなところがあると思われる!!

 

 

自分ではそんなことないと思っていても、面接をする人にはそうは思われません。合否を決めるのは面接官なんです。

 

で、極めつけがこれ!このあとのセリフ!

 

倒れますよ、マジで。ホント、ホラーですから。

 

 

 

「だから靴のかかとがすり減っている人はたいてい落とすね」

 

f:id:onitamaume:20180223210105j:plain

 

 

 

ギャ—————ッ!!!

 

 

 

こ、これがホラーでなくていったい何か!?!?

 

いくら上半身をアルマーニのスーツで決めようとも、いくらエルメスのネクタイでVゾーンを演出しようとも、いくら面接で華麗な受け答えをしようとも、

 

 

靴のかかとがすり減っていたらアウト!!

 

 

後日、その会社からは「残念ながらご縁がなく・・・」という無慈悲なメールが送られてくる。

 

何か大きな失敗をしたわけではない。失態を演じてしまったわけでもない。

 

靴のかかとが、ただ靴のかかとがすり減っていただけで面接の合否が変わる。もっといえば、靴のかかとがすり減っているだけで人生が変わっていくんです。

 

かかとがすり減るっていったって1㎝もすり減ることなんてあまりないからわずか5㎜くらいのことですよ?

 

そんなところを見ているのか・・・と驚いているわたしにそのお客様は続けました。

 

 

「靴を見てるのって僕だけじゃないと思うよ。みんなけっこう靴を見てる」

 

 

f:id:onitamaume:20180223224238p:plain

 

ここまではっきり言われたら、もう何をすべきかは明らかですよね?今あなたが持っている靴のかかとがどれもすり減っているというのなら、

 

 

すぐに靴屋に行きましょう!!

 

 

 

面接にはきちんとした靴でのぞむべし

 

もし数日後に面接を控えているあなたがかかとがすり減った靴しか持っていないのであれば、やるべきことはただひとつ。

 

 

靴を買ってきましょう。

 

 

悩むことはありません。とにかく靴を新しいものに買い替えるのです。

 

だってたったそれだけのことで面接の結果が変わってくるかもしれないんですよ?

 

せっかくアルマーニで決めているのに靴のかかとで落ちてしまったらどうするんですか!5㎜のすりへりで落ちてしまったらもったいないじゃないですか!

 

何も高い靴を履けと言ってるんじゃありません。

 

安くてもいいんです。要はその靴がきちんと手入れされていて、かかともしっかり残っていること。

 

そういう靴で面接にのぞみましょう。

 

でないと、面接が終わったら、面接官のほうを向いたまま、バックで下がっていかなきゃならなくなりますよ。もうギャグの世界ww

 

 

役員面接では靴を見る人がふえる?

 

というわけで相当脅しちゃったかもしれませんが、もちろんすべての面接官がそうだとは言いません。

 

このお客様の場合も自分自身が靴が好きだから、普通の人以上に相手の靴が気になるというところはあるでしょう。

 

そもそも靴に興味のない人はそこまで見ないでしょうからね。むしろそういう人のほうが多いでしょう。靴なんか見ない面接官のほうが多いのかもしれません。

 

でも、

 

 

あなたが今度出会う面接官が靴好きの人ではないとはかぎらない。

 

分かりませんよね、そんなこと。

 

で、これはわたしの推測ですが、

 

 

面接のステージが上がるほど靴を見られる可能性が高くなる

 

 

というのはあると思います。

 

ステージというのはつまり面接官の役職

 

面接が何度かある場合、回を追うごとに役職の高い人の面接になりますよね?最後のほうは役員面接になったり。あるいはヘッドハントとかだと最初からそういう人との面談になるのかもしれません。

 

この役員面接では靴好きな人が現れてくる可能性が高くなると思うんです。

 

だって役員ですからね。お金に余裕がある。そういう人は靴にお金を出すんです。いい靴を履くようになるんです。

 

そうすると必然、まわりの人の靴に目が行くようになります。靴好きな人はまわりの人の靴を100%見ています

 

となれば、面接のとき、相手の靴を見るのは火を見るよりも明らか、ですよね?

 

そんな人が——決して多くはないとはいえ——今度のあなたの面接で目の前に現れる、という可能性はゼロではありません。

 

 

靴をちゃんと手入れして面接にのぞもう

 

またまた脅すみたいで悪いんですがこんな状況を想像してみてください。あなたが面接の結果、当落線上になった場合、あるいは残った2人のどちらを採用するか?となった場合。

 

そういう状況もあり得ますよね?あの2人、甲乙つけがたいけどどうする?ってこと。2人とも面接の受け答えは同じような結果だったけど採用枠は1つという状況。

 

どっちか1人を選ばなきゃならない―――

 

そんなとき、ひょっとしたら、

 

 

靴で結果が分かれる

 

 

ということだってあるかもしれません。

 

そういえばあっちは靴のかかとがすり減ってたな、・・・なんて思われて。じゃあ、ちゃんとした靴を履いていたこっちにしようか。

 

・・・なんてこともないとは言い切れませんよね?少ないとは思いますが絶対にないとは言い切れない。だって実際そういうことを言っていた人がいるんですから。

 

だからそんなことにならないためにも、

 

  • 靴はきちんと手入れしておく
  • かかとのすり減っていない靴を履いていく

 

これは実行しましょう。

 

それが必ずプラスの結果をもたらすとはいえないけど、少なくともマイナスにはならない。ささやかな武器にはなるはずです。

 

今、靴のかかとがすり減っているというなら、とりあえずは

 

 

靴屋へGO!

 

 

靴の修理屋さんではかかと交換もやってますけどね、だいたい3~4千円くらい。ただ交換ができる靴とできない靴があることと、時間がかかることがあるから日程に余裕がないとダメです。

 

急いでいるなら買っちゃったほうがいいですよ。どうせ靴はこの先も使うんだから。

 

 

革靴をネットで購入する場合

 

靴屋に行く時間もない!という人はネットで買うことを検討してもいいでしょう。

靴のリーガル|オリジナルブランド【ケンフォード】メンズ

 

靴をネットで買うとき一番気になるのは「サイズ」だと思いますが「リーガル」ならその点は心配なし。

 

「リーガル」は送料無料、交換・返品も無料

f:id:onitamaume:20180224105624p:plain

 

<交換・返品時の約束事>

  • 商品到着後8日以内に連絡(電話・メール・FAX)
  • 商品使用後は不可
  • 商品に傷をつけた場合は不可
  • 当オンラインショップ以外で購入の商品も不可

 

基本どれも当たり前のことですね。ただ、8日以内に連絡というのは忘れずに。

気になるのはその際の送料。

 

 

■リーガルオンラインショップ、交換時の送料

 

f:id:onitamaume:20180224110423p:plain

 

交換の場合は送料無料!

交換時送料

当社にて負担いたします。商品を当社宛て着払いにてご送付ください。(交換は10回を上限とさせていただきます)

 

10回まで無料で交換できます。さすがリーガル。

 

■リーガルオンラインショップ、返品時の送料

 

そしてやむをえず返品したい場合。通常は返品の場合はお客様負担らしいですが・・・

 

f:id:onitamaume:20180224110915p:plain

 

 

返品送料無料キャンペーン期間中!

現在、返品送料無料キャンペーン期間中です。当店にご連絡の上、着払いにて宅配便等でご返送ください。

 

<返金方法>

商品がリーガルに到着後、以下の手続きがとられます。

  • 「代引取引」の場合 → 指定の口座に振込
  • クレジットカード決済の場合 → クレジットカード決済の中止手続き(落ちてしまった場合は後日マイナス請求で相殺)

 

とはいえ、靴を販売していた者として言わせてもらうと、よほどのことがないかぎりは返品はやめましょう。

 

 

リーガルの各ブランドについて

 

オンラインショップにはいろいろなブランドが出ていて悩みますが、目安はこんな感じでしょうか?あくまでご参考に。

 

  • ケンフォード→1万円台、10代20代の人
  • マッキントッシュフィロソフィー→2万円台、20代30代の人
  • クラークス→2万円台、やわらかい履き心地を好む人
  • リーガル→2万円台後半から4万円、長く履き続けたい人
  • シェットランドフォックス→4万円から6万円台、本格的な高級靴を履きたい人

 

個人的にはいつかはシェットランドがほしいけど、今はリーガルを履いてます。

 

 

就活、転職の面接に履く靴なら

 

とりあえずストレートチップかプレーントゥの二択です。冠婚葬祭、どんなシーンにも使えるということを考えればストレートチップがいいかも。

<ストレートチップ>

f:id:onitamaume:20180226084608p:plain
~リーガルオンラインショップ公式サイトより


これはゴアテックス仕様なので雨の日も安心。ただし、修理はトップリフトのみ。

 

<プレーントゥ>

f:id:onitamaume:20180226084817p:plain
~リーガルオンラインショップ公式サイトより

 


こちらはゴアテックス仕様じゃないけどソール交換、ヒール交換が可能。

 

詳細はオンラインショップを見てください。

 

靴のリーガル|オリジナルブランド【ケンフォード】メンズ

 

 

あと、リーガルに限らず、革靴には修理のできる靴、できない靴があります。

  • ソール交換
  • ヒール交換
  • トップリフト交換

 

それぞれ靴によってできるできないがありますから、修理しながら長く履きたいという場合は買うときに確認しておいたほうがいいですね。

 

 

靴はあくまで補助的なもの

 

ということで、なんだか脅しめいた内容になってしまったかもしれませんが、ただ、ここで勘違いしないでほしいのは、

 

ちゃんとした靴を履いていたら必ず面接に通るというわけではありません。

 

当たり前ですよね。もしそうだったら誰でも靴買います。それで誰でも面接に通ります。

 

そういう話じゃありません。接の主役はもちろんあなた。靴はあくまでわき役です。だから、

 

 

わざわざ新しい靴買ったのに面接で落とされちゃったじゃないか、どうしてくれるんだ、このやろう!!

 

 

なんて言われてもわたしは知りません。ちゃんとした靴を履いていたって落ちるときは落ちる。それはきっと靴以前の問題です。

 

 

さいごに

 

これは実話です。

 

お客様のセリフも細部で違っているところはあるかもしれませんが、基本的には言われたことをそのまま書いています。

 

本当にすごくインパクトのある話でした。靴って大事なんだなとあらためて思いましたね。

 

なのでこれから面接を受けるという人、ぜひ自分の靴を見直してください。

 

もしかかとがすり減っているようであれば、悪いことは言いません、新しい靴を用意したほうが賢明です。

 

今度の面接でどんな人があなたの前に現れるか分かりませんからね。

 

少なくとも靴で損をしないよう、自信をもって面接にのぞんでください。

 

ご健闘を祈ります。

 

どんな靴がいいのか知りたい人はこちらも読んでみてください。

 

関連記事:「元靴の販売員が伝える就活に履くならこんな靴

 

 

コメント