トートバッグのおすすめなら「Pid」。メンズもレディスも通勤もカジュアルもOK!

ファッション

 

前からずっと欲しいと思っていた革のトートバッグを手に入れました。

これがすごく使い勝手がいい!

というわけでそのよさをお伝えします。

 

スポンサーリンク




「Pid」のトートバッグ

 


 

最初にamazonの写真を載せておきます。

 

f:id:onitamaume:20180327131139p:plain
amazon公式サイトより

 

f:id:onitamaume:20180327131246p:plain
amazon公式サイトより

 

男性でも女性でも使えます。

 

Pid トートバッグ 形、大きさ

 

これは中のアンコを抜いてペチャンコにしたところです。

f:id:onitamaume:20180327131634j:plain

 

タグには牛革であることが記載されてます。

f:id:onitamaume:20180327132043j:plain

 

大きさはこんな感じ。前に置いてあるのはソフトカバーの本です。

f:id:onitamaume:20180327131749j:plain

 

ご覧のとおりかなり大きいです。作りもしっかり。これは取っ手の部分。

f:id:onitamaume:20180327131836j:plain

 

この輪っかはファスナーを留めるのに使うみたいです。こんな感じ?

f:id:onitamaume:20180327132808j:plain

 

取っ手のひとつにうっすらと「Pid」のマークが入っています。

f:id:onitamaume:20180327131902j:plain

 

あと底鋲(そこびょう)。

f:id:onitamaume:20180327131952j:plain

 

これもポイント。下に置くときはついているほうがいいですよね。海外のバッグにはあまりついていませんが。

 

Pid トートバッグ 内ポケット

 

中はこのようになっています。入っているのはさっきのソフトカバーの本。

f:id:onitamaume:20180327133412j:plain

 

ちょっと伝わりにくい写真ですがものすごく余裕があります。まだまだ全然平気。

 

ちなみに内側は布製ですね。表地の革に貼りついてなく、プカプカしています。

 

中の両サイドに内ポケットがあります。ひとつはファスナー式

f:id:onitamaume:20180327133723j:plain

 

かなり大きいポケットです。このとおりソフトカバーの本が1冊入る(ふつうはここに本入れませんが)。

 

反対側にはふたなしの2つのポケットがあります。

f:id:onitamaume:20180327133938j:plain

 

大きいほうはソフトカバー、小さいほうは文庫本が入ります。ソフトカバーは頭が飛び出るけど文庫本はスッポリ。

 

そして取っ手の間にもポケットがあります。

f:id:onitamaume:20180327134312j:plain

 

これも文庫本が隠れる大きさ。意外に深さがある。すぐに出し入れするものを入れておくのに便利です。

 

というわけでポケットは全部で5つ。これだけあればじゅうぶんですね!

 

Pid トートバッグ 収納力

 

このバッグ、マチがとても広い。横から見ると文庫本と同じくらいあります。

f:id:onitamaume:20180327135402j:plain

 

実際、入れてみると縦に文庫本が入る。余裕の広さ。

f:id:onitamaume:20180327134551j:plain

 

ここにA4サイズの雑誌を入れてみましょう。

f:id:onitamaume:20180327135543j:plain

 

まだまだいけます!

ちなみにバッグにパソコンを入れたいという人もいると思い、ウチの旧式ノートPCを入れてみました。

f:id:onitamaume:20180327135825j:plain

 

幅38.5㎝。こいつを入れると・・・

f:id:onitamaume:20180327135912j:plain

 

なんのなんの。余裕余裕。

 

・・・と言いたいところですが、入ることは入ったけどちょっと怖い。パソコンを固定するようなベルトとかはないので。

 

そういうのはちゃんとしたビジネスバッグにまかせましょう。

 

Pid トートバッグ 安全性

 

トートバッグって上がパカッと開いているものが多くて、混んだ電車やバスの中ではちょっと不安ですよね?

特に女性に多く、中には財布が丸見えになっている人もいて他人事ながら心配になります。せめて財布は見えないようにしておきましょう。

その点、このバッグは上がファスナー閉じられるようになっているので安心。

f:id:onitamaume:20180327140218j:plain

 

もうバッチリです。これなら心配なし!

ファスナーの取っ手も大きくて扱いやすい。これがさっきの写真につながるわけですね。

f:id:onitamaume:20180327132808j:plain

 

あと、ここのところがマグネットになってます。丸いところ。

f:id:onitamaume:20180327141023j:plain

 

こうするとくっつく。

f:id:onitamaume:20180327141108j:plain

 

でもはっきり言ってこれ、めっちゃ弱いです。あってもなくてもいいくらい。

 

Pid トートバッグ 取っ手が大きい

 

これもポイント。見てもらえば分かるようにバッグ本体とくらべても取っ手が大きいです。

f:id:onitamaume:20180327142443j:plain

 

そして取っ手自体も太い。作りもしっかり。これが肩にかついだときにすわりをよくしてくれます。

f:id:onitamaume:20180327141251j:plain

 

わたしはけっこうなで肩なのですが、さっきの雑誌を入れたまま、こうして肩にかけたらしっかりと固定されました。ズルズルと落ちてこない。

ずり落ちるたびにかけなおすのは面倒なのでこの点もありがたいです。

 

Pid トートバッグ 色

 

言い忘れましたがこれは「ネイビー」です。

 

ラインナップは全6色

 

f:id:onitamaume:20180327143244p:plain

 

仕事に行くにも使えるように、ということでネイビーにしました。

 

私は販売職であり、バッグは通勤専用なのでトートバッグでもOKなわけです。

 

通勤のバッグをそのまま営業にも使うという人には向きませんね。

 

使いやすい「Pid」のトートバッグ

 

というわけでこのトートバッグのいいところ。

 

  1. 容量が大きい
  2. ポケットが多い
  3. 肩にかけられる

 

容量は本当に大きくて、男ならこれで1泊旅行くらい行けるんじゃないかっていうくらい。特に夏なら問題なさそう。

 

あとトートバッグって、入れたものが中でごちゃごちゃになりがちですが、これだけポケットがあればその点も心配ないでしょう。バッグの底をあわててゴソゴソと探るなんてこともしなくてすみます。

 

そして何よりも肩にかけられること。中に入れるものが多くなってくるとずっと手に持っているのはつらい。その点、肩にかけられるこのトートバッグは本当に使い勝手がいいです。

 

あと革だから丈夫なのは言うまでもないですね。質感もグッドです。

 

ぜひ一度、肩にかけてみてください。

 

これからお出かけ用に、あるいは仕事用にトートバッグを探しているというのなら、

 

Pidのトート、おすすめ!!

 

値段もそんなに高くないですしね。

 

 


 

 

関連記事:「香水、メンズ、百貨店で一番人気を聞いてきたよ!プレゼントにもどうぞ

 

 

 

コメント