【レビュー】コンドミニアム「グランビュー熱海」暮らすように泊まるならここでしょ!

出かけよう!

 

熱海に行ってきました。

 

ブログ書くための一人旅。

 

「グランビュー熱海」というコンドミニアムに泊まってきたので写真をまじえてお伝えします。

 

「グランビュー熱海」の宿泊プランを見てみる

 

 

スポンサーリンク




グランビュー熱海 アクセス

 

熱海駅を出ると左手に足湯、右手に商店街入口があります。商店街へ向かいます。

グランビュー熱海 アクセス

 

熱海 ランチ おすすめ」などで検索するとよく出てくる「こばやし」は向かって右(地図では左)の商店街の途中にあります。

 

わたしが通ったのは祝日の午後1時半ころ。それでも1時間待ちという状況でした。盛況です。

 

実はこの少し前にスマホの電池がなくなってしまい、直前に見ていた記憶を頼りに「グランビュー熱海」を探して歩いたのですが、いっこうに現れない。

 

あとで分かったのですが、はるかに通りこしてました。

グランビュー熱海 アクセス

矢印の先まで行ってしまった・・・

 

とちゅうでこれはおかしいと気づき、たまたま出会った宅急便の人に聞いてみたらもう通り過ぎているとのこと。

 

どうやらここに来る途中に曲がるべきポイントがあったそうなのです。

 

「『アジアンダイニング』というお店の横の階段を降りていくんですよ」

 

そう言われて引き返し、見つけた場所がここ。

 

たしかに「アジアンダイニング」というお店がある(駅から来たときの向きで撮ってます)。

グランビュー熱海 行き方

 

このお店の隣・・・???

 

・・・いや、これ、絶対分からんて。看板も何も出てないし。

 

(※翌日あらためて見ると出てました)

 

そこを入ると急な階段が現れます。

グランビュー熱海 アクセス

 

ここ・・・??

 

本当にあるの?と思いながら降りていくと・・・

 

あ、あった・・・ちょっと寂しげな看板が。

グランビュー熱海 入口

 

この先を右に曲がると・・・ありました。

 

奥を入ったところに受付があります。

グランビュー熱海 フロント
※早朝まだ受付が始まる前に撮った写真

 

こじんまりとした受付です。

 

あとで分かったのですが、今通ってきたのは表通りから来た場合の入口なんですね。

 

これではなく、とちゅうで細い道へ入るルートで行くと正式な?入口に着きます。

 

こっちのほうが玄関口っぽいかな?

 

建物の表記上は地下3階にあたります。

 

ここからエレベーターで上がってさきほどの入口から入った受付に行くので結局同じといえば同じですね。

 

でも一人旅ならともかく、家族連れならとりあえず最初はこっちから入ったほうが気分的によさそうww

 

「グランビュー熱海」の宿泊プランを見てみる

 

 

グランビュー熱海 部屋

グランビュー熱海 設備

 

見てのとおり、ふつうの家みたいです。

 

部屋は1Kのアパートと同じですね。

 

玄関を入ってすぐクローゼットがあり、これらの備品があります。

熱海グランビュー レビュー

 

  • 浴衣
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 歯ブラシセット
  • ドライヤー

 

 

ただし1泊分しか用意されていないので、連泊して新しいタオルがほしいという場合には有料でレンタルする必要があります。

グランビュー熱海 タオル

 

これがバスルーム

熱海グランビュー レビュー

 

想像していたよりぜんぜんきれいでした。

 

トイレは別です。もちろん自動洗浄仕様。ウォシュレットと言ったほうが分かりやすいかな。

 

 

滞在型コンドミニアムというだけあってキッチンまわりの装備は完璧。

 

小ぎれいにしてあるシンク、とガスレンジ

熱海グランビュー 自炊できる

 

下には調理器具食器まであります。

グランビュー熱海 滞在型

 

隣には電子レンジもあり。冷蔵庫は言うに及ばず。

熱海グランビュー 電子レンジ

 

電子ポットはもちろんのこと、なんと炊飯ジャーまであります。本当にここで生活できそう。米、買ってこようかと思ったww

熱海グランビュー 炊飯器

 

 

部屋に入ってほどなく、何か唸りだしたので見たら空気清浄機でした。あるだけで安心&印象アップですよね。

熱海グランビュー 空気清浄機

 

ひととおりチェックした後、さっそく仕事場の準備。ブログ書きに来たので。

熱海グランビュー 和室

 

和室です。家ではイスに座っているからたまにはザブトンもいいかも。

 

ただ、畳の気持ちよさにすぐに横になりたくなってしまうのがうれしいやら困るやら。

 

 

グランビュー熱海の窓からの景色

 

これはね、そんなに期待してはいけません。何しろまわりにけっこう高い建物があるから。

 

でも少しは見えます。

 

申し込んだプランにも書かれてました。

出窓付 禁煙和室】8.5畳ミニキッチン・ハ゛ス・トイレ付(kado-ns)
☆海が少し見える?!出窓とベランダが付いたミニキッチン、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、調理器具、食器が付いた貸し別荘タイプのお部屋

~楽天トラベルより引用

 

 

たしかに「海が少し見える」。

熱海グランビュー 景色

 

ビルの隙間から。

熱海グランビュー 海 見える

 

目の前に海が広がる、というわけではありません。

 

でもそんなこと気になりません。

 

部屋は清潔で気持ちいいですよ。掃除が行き届いてます。

 

「グランビュー熱海」の宿泊プランを見てみる

 

 

グランビュー熱海の貸切風呂

 

実は予約するとき迷いました。

 

温泉ありプランにするかなしプランにするか。

 

最初に言ってしまうと、温泉付きのプランにしておいてよかった!です。

 

グランビュー熱海 貸し切り温泉
~「楽天トラベル」より写真引用

 

 

そもそも「貸切風呂」とは何ぞや?と思いませんか?いや、意味は分かるけど貸切なんてどうやってやるの?って。

 

こんな流れでした。

 

受付に電話し、風呂の空き状況を確認

空いていたらB1の受付に行って入浴場のカードを受けとる

風呂に向かう(半露天風呂は1階上、泡ブク風呂は1階下、すぐ着きます)

グランビュー熱海 貸切風呂
(これは半露天風呂の入口)

カードに記載のドアを開け、中に入ってカギをかける

入浴

 

というわけで本当に貸切です。他に人はいません。お風呂場はもちろん、脱衣場にも誰もいません。

 

なのでこんな人におすすめ!

  • 温泉は入りたいけど他の人といっしょなのがいや
  • 脱衣場でだれかといっしょなのがいや

 

 

自分だけ、自分たちだけで気兼ねなく温泉に浸かりたいという人にはうってつけです。いや~貸し切りっていいですね、本当にゆっくりできます。

 

ただ、わたしが行ったのは夕方の5時でしたからすぐに入れましたが、時間帯によってはすべての温泉が入浴中である場合もあります。受付の人に聞いてみると夜8時から9時ころがいちばん混みあうようです。

 

なので必ず前もって電話で確認してから行くこと夜10時まで受付してもらえます。

 

時間の制限はないのでゆっくりと――常識的な範囲で――疲れをいやしてください。

 

半露天風呂では外が見え、泡ブク風呂では7色の妖しい光に身体が包まれます。どんな感じかは実際に試してみてください。

 

地下1階では牛乳やコーヒー牛乳、サイダーも販売しています。

 

脱衣場はカギがかけられるので多少のお金は持っていっても平気ですよ。

 

「グランビュー熱海」の宿泊プランを見てみる

 

 

グランビュー熱海の朝食バイキング

 

500円で朝食バイキングが食べられます。

 

  • 前日夜9時までに予約、支払い
  • 7時から7時45分、8時から8時45分の2部制

 

 

食堂は受付と同じ地下1階の奥。

グランビュー熱海 朝食

 

和食・洋食、ともにあります。わさび丼うまし。

 

干物を自分で焼くこともできます。香ばしい匂いにつられますね~

グランビュー熱海 干物

 

ものすごく種類が多いというわけではないですが、必要にして十分なレベル。わたしのような年代には多いくらいですね。

 

「グランビュー熱海」の宿泊プランを見てみる

 

 

グランビュー熱海 海までの距離

 

海は近いです。歩いて5分くらい。ゆっくり歩いても10分はかからないでしょう。

 

海までのルート

 

これが一番近いと思うのですが、とちゅうの階段がうらぶれた感じなのがどうかなと。ま、気にしなければいいのでしょうが。

 

ここを避けるのであればちょっと迂回してこのルート。

グランビュー熱海 海まで

 

大して時間は変わらないでしょう。大通りを渡るときは車に気をつけてください。

 

着いた先には「熱海サンビーチ」が広がります。

熱海サンビーチ

 

 

滞在型コンドミニアムなら「グランビュー熱海」いいよ!

 

グランビュー熱海をおすすめしたいのはこんな人です。

 

  • ソファやベッドがなくてもいい
  • 部屋で自炊、あるいはコンビニごはんでもOK
  • 暮らすように泊まりたい

 

逆にあまりおすすめできないのは

 

  • 高級な気分にひたりたい
  • リゾート気分を満喫したい
  • インスタグラムにアップしてちょっと自慢したい

 

という感じでしょうかね。ラグジュアリーさとは対極にあるのでそういうことを期待する人はやめたほうがいいでしょう。

 

ちなみにわたしはハマりました。

 

暮らすように泊まれる。こういうとこ、大好きです。

 

もっと泊まりたかったぐらい。せめて1週間くらい滞在したいなー。

 

ロビーがないので他の人と会うことはあまりなかったのですが、食堂や受付でたまに会うのは家族連れ、ちょっとお年を召したご夫婦といった感じでした。

 

まるで自分の家にいるように過ごしたい、そんな人には「グランビュー熱海」はぴったりですよ。ぜひ一度泊まってみてください。

 

「グランビュー熱海」の宿泊プランを見てみる


~写真は楽天トラベルより

 

 

 

コメント