【レビュー】「ザ・シークレット」~「引き寄せの法則」を利用する!

内向型のおすすめ本

 

休みの日の夕方になると憂鬱ですよね?

 

明日は会社か・・・って考えるだけでブルーな気持ちになる。

 

仕事の日はつらいことしかないから休みの日だけを希望に生きている。

 

その気持ちはすごくよく分かります。

 

でも人生はあっというま。そんな生き方を続けているとすぐに年をとってしまいます。

 

ここでは会社に行くのがいやでたまらないというあなたが少しでも前向きな気持ちで出勤できるための1つの方法をご紹介します。

 

自分の思考をコントロールすることで、仕事がつらいと思い続ける毎日とはおさらばしてしまいましょう。

スポンサーリンク




『ザ・シークレット』に見る「引き寄せの法則」

 

以前、アメリカで大ベストセラーになった本です。



引き寄せの法則
人は自分の思っていることを引き寄せる

 

そんなの聞いたことがないという人のために簡単に説明するとこういうことです。

 

「会社イヤだ会社イヤだ会社イヤだ」

 

と考えているとますます会社がイヤになることが起こり、

 

「あのクソバカヤロウ頭に来る頭に来る頭に来る」

 

と考えているとますますあのクソバカやろうに頭に来ることが起きる

 

要は心の中で強く思っていることが実現してしまうということです。

 

初めて聞くと、まあ、なんて非科学的な、と思ってしまうことでしょう。

 

でもこれ案外当たってます。

 

あなたもこういうことありませんか?

 

  • あの人に出くわしたくない、会いませんように!と考えているとなぜか会ってしまう
  • ここで指名されませんように!と考えているとなぜか指名されてしまう
  • トイレが満室じゃありませんように!まさか全室使用中じゃありませんように!!と焦って行くとどこも満室でダム決壊

 

その人に出くわすこと、指名されること、話を振られること、トイレが満室であることを心の中で強く意識したから引き寄せられてくる、というのが引き寄せの法則です。

 

強く意識することでそのこと自体を呼び寄せてしまうのです。

「引き寄せの法則」を実践してみる

引き寄せの法則 本当

 

この「引き寄せの法則」、やってみるのに何の手間もかかりません。ですからダメもとで口に出して言ってみてください。自分の好きな言い方でかまいません。

 

「会社楽し会社楽し会社楽し」

 

「仕事楽し仕事楽し仕事楽し」

 

「あのクソバカいいやつあのクソバカいいや・・・

 

・・・これはムリですね。変えましょう。

 

「あのクソバカ遠くにいてありがとうあのクソバカ遠くにいてありがとうあのクソバカ遠くにいてありがとう」

 

「近寄らないで」は✖。「引き寄せの法則」は「否定形は理解できない」から、「近寄らないで」と思っても「近寄る」が実現してしまうのです。

 

ありがとう」を入れるのもポイント。「ありがとう」の感謝の力はとても強いのです。

 

タメ息が出たときは言ってみる

五月病のイラスト(女性)

 

あと「はあ~・・・」とか「あ~あ・・・」とかタメ息がすぐ出ちゃう人注意はしてください。

 

「タメ息をついたら幸せが逃げる」とか言われますが、その真偽のほどはともかく、タメ息がよくないのは本当です。

 

だってタメ息ってだいたい次のような言葉とセットになっていませんか?

 

「はあ~・・・」

 

  • なんでこうなっちゃうんだろ?
  • なんてツイてないんだろ?
  • もうだめだ・・・

 

これ、やっちゃいけないパターンです。

 

引き寄せの法則に照らし合わせれば、タメ息をつけばますますタメ息をつくようなことが起こり、ツイてないと思うとさらにツイてないことが起こります。

 

タメ息がよく出る人はそれがクセになっている可能性があります。だからタメ息が出たらすぐにそれとは正反対のことを言ってみるようにしてください。

 

「はあ~」とタメ息をついてしまったことに気づいたらすぐに言いなおすのです。

 

 

今日はいいことがやってくる!!

 

 

とか、

 

 

超ラッキーなことが起こる!!

 

 

とか、なんでもいいです。とにかくタメ息とは正反対のこと、タメ息を吹き飛ばすようなことを口にしてください。声に出せない状況なら心の中で強く思うだけでもいいです。

 

そんなふうに思えない、と感じても言ってみましょう。思う思わない、ではなく、言うか言わないか、です。とにかく口に出し、心の中でつぶやく。そんなの意味ないよ、と思ってもやってください。

 

だって、これをすることに何の手間もかからないし、時間もお金もかかりません。すべて自分自身で完結できる。

 

口グセを変えるということと同じです。そんなタイトルの本もあったような気もしますがきっとそういうことなんです。

「引き寄せの法則」の使い方

 

ここでは『ザ・シークレット』からあなたの願望をかなえるための3つのプロセスを紹介します。

 

第1段階 お願いする

流れ星にお願いをする人のイラスト

 

まず最初に、自分がほしいもの、かなえたいことを明確にします

 

あなたは本当は何が欲しいのですか。座って1枚の紙に書いてみましょう。現在形で書いてください。『私は今現在、余りにも幸せで感謝していますが』と書き出してください。それから自分の人生がどの分野でどうなってほしいのかを書きます。

~『ザ・シークレット』より引用 以下、同じ

 

 

第2段階 信じる

イメージトレーニングのイラスト(女性)

 

ほしいものをすでに手に入れたと信じます。結果に対してゆるぎない信頼をよせます

 

あなたが欲しいものを入手できたと想像してください。それが必要な時にあなたのもとに間違いなく届くことを知ってください。それが来るかどうかを心配したり焦ったりしないでください。それがあなたのものであり、今それを所有し、手元にあると思ってください。

 

 

第3段階 受け取る

チケットを手に入れた人のイラスト(女性)

 

信じたあとはそのことを心の底から喜ぶこと。望むことを受け取ったと信じ、それを感じること。このプロセスの最後に幸福感を抱くこと。気持ちよくなること。

 

ここは感情の宇宙です。何かを理性的に信じてもそれに対応した感情を抱かないとダメなのです。そうしないと、人生で自分が実現したいことを現実化するパワーが出てくるとは限らないからです。それを実際に感じなければなりません。

 

 

整理するとこういうことです。

願望を実現させるための方法
  1. 理想のセルフイメージをはっきりと持つ
  2. それが叶ったことを信じる
  3. 心から喜び幸福感にひたる

 

 

この3つはセットです。1,2はできても3までできない人は多いので、必ず最後に喜びを感じてください。そこから変化が始まります。

 

・・・ハハ、まさかそんなことでね、と笑うのは簡単です。

 

でも実際に自分の夢をかなえた人の中には「引き寄せの法則」が本当に働いたという人が多いんです。

 

実際、成功する人は最初から自分のセルフイメージを持っています。こうなりたい、という姿を明確に意識しているのです。

 

分かりやすい例ではスポーツ選手が小学校の卒業文集に「大きくなったら大リーグの選手になる!」とか「イタリアのチームでサッカーをする!」とか書いていてそれが実現していることがありますよね。

 

あれも自分がなりたいものを明確にイメージしたからにほかなりません。

 

だからまずはなりたいもの、かなえたいことを明確にすることが大切なのです。

 

「会社に行きたくない」を変えるために

ワーカホリック・仕事中毒のイラスト(女性)

 

「仕事がつらい」「会社に行きたくない」と考えてしまうのなら、一度思考を変えてみることが大切です。

 

  • 会社でバリバリと仕事している自分
  • まわりの人と同じようにしっかり仕事ができている自分
  • がまんばかりでなく、楽しく仕事をしている自分

 

今までそんなことをイメージしたことがありますか?おそらく働く前は持っていたとしても今の状況下では考えたこともないのではないでしょうか?

 

イメージしていなければそのような状態になることはありえません。

 

だからこそ楽しく働いている自分の姿を想像してみるのです。そのことに喜びを感じてみるのです。

 

自分だってこんなにできるんだ!ちゃんと仕事で結果出せるんだ!ということに感謝するのです。そこがスタート。

 

願い、信じ、喜ぶ。やることはすごくシンプルです。

 

いやだな、つらいな、もう会社なんて行きたくないな、と思っていてもどうせ同じ時間が過ぎていくのです。

 

だったら理想の状態を思い浮かべているほうがいいじゃないですか。暗いことばかり考えているよりよほどプラスになります。

 

行きの電車で『ザ・シークレット』を読むのがおすすめ

 

通勤の行きの電車の中で『ザ・シークレット』を読む。個人的にはこれがおすすめですね。

 

本にはここに書いたことの100倍以上のすばらしいことが書かれています。

 

本文中に出てくる数々の「引き寄せの法則の実践者」の話を読んでいるとそれだけでちょっといいことが起きそうな気がしてきます。

 

無理に仕事で活躍している自分を想像しなくてもこの本を読むだけで気持ちが上向きになる効果があります。

 

事実わたしも『ザ・シークレット』を通勤中に読んだ日に、不思議にいいことが起こったり、仕事でうまくいったりということを体験しています。

 

ぜひあなたも試してみてください!

さいごに

 

行きたくないと感じながら重い身体を引きずって会社に向かう毎日はつらいですよね。

 

ただ、それだけをくりかえしていても現状は変わりません。そのつらい状況を乗り越えるためにはどうすればいいか。

 

そのための方法のひとつが今回紹介した『引き寄せの法則』です。

 

自己啓発書には「引き寄せの法則」に通じる内容のものが実はとても多いんです。アプローチや伝え方を変えているだけで実は同じことを言っているのです。

 

ですから笑ってやりすごすのではなく、ぜひ自分の力になるように『引き寄せの法則』を使ってみてください。心を真っ白にして素直な気持ちで試してみてください。

 

これを読んでくれたあなたの仕事のつらさが少しでも軽くなり、休みの日はゆっくりと好きなことをして過ごせるようになることを願っています。

 

 

↓ここで紹介している本も最高にいい本です。

 

コメント