営業をやめたい30代のあなたへ。40代になる前に動き出すべき3つの理由。

ファッション

 

  • 営業の仕事が向いてなくてつらい
  • でも辞めることもできず気がついたら30代になっていた
  • やっぱり営業はもういやだ。もっと自分に合う仕事に就きたい

 

そんな人に向けて書いてます。

 

営業ってつらいですよね。

 

ここでは、営業がつらい、やめたいと感じながらもやめることができずに続けているあなたへ、同じように感じながら最終的に25年も続けてしまったわたしなりの結論をお伝えします。

 

営業を続けているけど本当はやめたいと、30代で思っているあなたの何かしらヒントになれば幸いです。

 

スポンサーリンク




営業をやめたいなら30代のうちに行動すべき

 

最初に結論を述べておきます。

 

営業をやめたいのなら必ず30代のうちに行動すべきです。

 

その理由を説明します。

 

30代から悩みも深くなる

 

30代って20代のときと違っていろいろな要因が絡みだし、なかなか行動に移せなくなる年代ですよね。

 

20代なら勢いでできたかもしれない決断が、30代になるとできなくなってしまう。

 

そうでなくても30代というのは濃密なんです。あなたも感じたことがありませんか?

 

たとえば31歳から32歳になるとき。34歳から35歳になるとき。1つ年をとっただけで、人生のステージがガラリと変わってしまったかのように感じたことはありませんか?

 

ああ、もう32だよ、とか、もう35歳ってマジか…みたいな。

 

それまでの年齢とはまったく別のように感じてしまう。これが30代の重みです。

 

そのため35歳になった人は、ああ、もうオレ35歳だしな…と考えてしまうのです。

 

そして行動するのをためらってしまう。

 

30代のうちにやっておくべきこと

 

でも、このためらいの行く先はどこだか分かりますか?

 

ためらったまま行動に移すことができず、つらい営業をひたすらがまんしながら続けた先の、たどり着く先がどんなところか考えたことはありますか?

 

それは、

 

「後悔の40代」と「愕然の50代」です。

 

40代になって初めて、やめたいと思うほどいやな仕事を続けてきてしまったことを後悔し、

 

50代になって取り返しのつかないところまで来て、”自分の人生は何だったんだ…”と愕然とすることになります。

 

んな大げさな・・・と思いますか?

 

いいえ、大げさではありません。これは誇張でも何でもありません。

 

生きていく上で、仕事の占める割合が高いからこそ、やってきた仕事に自信を持てないと、このように感じてしまうのです。

 

ですから、

 

もしあなたがそんなことになりたくないと思うのであれば、30代のうちにやっておくべきことがあるのです。

 

30代のうちに行動を開始すべき3つの理由

 

ここでは、なぜ30代のうちに行動を開始したほうがいいのか、その理由を、実際に新しい仕事につく際に起こるであろうことから説明します。

 

30代なら新しい仕事をまだ覚えられる

 

今30代の人は、もう3〇歳だからな・・・と感じていることと思います。この年じゃもう新しい仕事なんでできないよな、もう無理だよな、と。

 

・・・はっきり言いましょう。

 

それ、ぜんぜん違います。

 

30代なんてまだまだぜんぜんいけます。ぜんぜん平気です。

 

なぜなら30代なら新しいことをおぼえたりやったりすることが苦もなくできるから

 

自分自身のことを考えてみてください。そんなに記憶力とか適応力が落ちていますか?20代のころとくらべて記憶力が落ちたとか感じますか?

 

たぶんそんなことはないはずです。

 

よほど専門的な難易度の高いことではないかぎり、新しいことを始めるのに30代ならまだ間に合うのです。

 

例を上げると、わたしの職場に30代半ばで新しく入ってきた人がいます。この人はじきに仕事ができるようになり、数年でリーダー的な職務を任されるまでになりました。

 

特別何かに秀でているとかそういうわけではありません。特別リーダーシップがあるというわけでもありません。でも仕事をちゃんと覚え、自分で判断して進められるようになったのです。

 

対照的に同じ職場に49歳で入ってきた人がいます。この人は

 

  • 仕事を覚えるのに時間がかかり
  • 覚えたつもりでも忘れていることがあり
  • 1つ1つの仕事に他の人より時間がかかる

 

という状況になっています。

 

もちろん彼とて手を抜いているわけではありません。真面目にちゃんとやっています。

 

でも、悲しいかな、これが年齢の壁なのです。彼だって49歳ではなく、30代ならばもう少し正確に、もう少し早く、仕事を覚えられたと思います。

 

経験のある仕事ならまだしも、未経験の仕事を0から始めるには40代というのは難易度が高いのです。

 

・・・ということを、わたしは自分の名誉のために書いておきたいと思います(…って自分かよ!)。

 

40代で転職して新人、より30代のほうがいい

 

40代で新しい職場に行くということはどちらかというとレアケースだと思いますが、ありえないことではありません。

 

で、40代の新人を迎えた職場の人は思うわけです。

 

”この人はどうしてそんな年でここにやってきたんだろう?”

”どうしてその年で初めての仕事をすることになったんだろう?”

 

ちょっと奇異の目で見られます。

 

それで最初からある程度仕事ができればいいですが、そうでなければ、あまりスムーズに仕事を覚えられなければ、

 

”ああ、なるほどね…”と思われるかもしれません。

 

そういう状態になると今後の仕事にもあまりいい影響を与えないかもしれませんね。40代でそれはキツイでしょう。

 

でも、30代ならまだギリギリ大丈夫です。40を超えると男は完全な「オッサン」ですが、30代ならまだ許される部分、みたいなところがあるんです。

 

「新人であること」が許される最後の年代が30代なのです。

 

 

40代での転職は仕事の残り時間が少ない

 

仮に45歳で新しい仕事を始めたとして、定年までの時間を考えると15年しかありません。

 

そこそこあるじゃないかと思うかもしれませんがそれは違います。なぜならこの15年は仕事人生の終了を前にした15年であり、お世辞にも密度が濃いとはいえないから。

 

20代前半からの15年と、定年前の15年では、同じ15年でも重みが違うのです。

 

でも35歳ならまだ大丈夫。35歳なら定年まで25年あり、仕事をしっかりと覚えてから、軌道に乗った状態で40代を迎えることができます。

 

営業をやめたいと思うなら行動を起こすしかない

 

営業がつらい、やめたいと思っていても、そのための行動を起こすとなると誰もがためらってしまいますよね。

 

朝出勤するときや、昼間会社にいるときはつらくても、仕事が終わって家に帰ってフロに入って食事してテレビ見て・・・

 

頭の片隅で「あぁ、仕事いやだな」と思っていてもとりあえずその日1日を終了させてしまうことが多いのではないでしょうか?

 

でも、これをくりかえしているかぎり生活は変わりません。「いやだな、やめたいな」と毎日思い続ける人生になります。

 

もしあなたが心の底から、つらい営業をやめたい、今の生き方を変えたい、と願うのなら、とにかく行動を開始するしかありません。

 

 

「やめたい」だけの毎日を変えるために情報収集をする

 

「やめたい」というのが気持ちであれば、それに対する行動は「やめる」であり、その際、2つのパターンが考えられます。

 

  1. やめてから次の仕事を探す
  2. 次の仕事を見つけてからやめる

 

30代の人にとって、ほとんどの場合、2が現実的なのではないでしょうか。やはり順番としてはそのほうがぜったい安心ですよね。

 

となれば、まずは何はともあれ情報収集が必要です。

 

それをしないかぎりは毎日同じことのくりかえし。明日もあさってもその次の日も「営業はもういやだ」「やめたい」と思うだけの日々が続きます。

 

仕事についての情報、自分についての情報を得る

 

「やめたい」という気持ちを「新しい仕事を見つける」「営業ではない次の仕事を始める」につなぐための第一歩が情報収集です。

 

これには2つあり、ひとつは仕事についての情報もうひとつは自分についての情報です。

 

仕事についての情報とは、

 

  • 営業以外の仕事の求人はどんなものがあるか
  • 30代の求人がどれくらいあるか

 

といった具体的な内容であり、

 

自分についての情報とは、

 

  • 自分がどういうタイプの人間で
  • どういうことに向いているのか

 

を客観的に知ることです。

 

この2つの情報をしっかりと押さえておくことが最初の行動として大切で、そのための強力なツールとなるのが大手転職サイトリクナビNEXTです。

 

リクナビNEXTを利用することで以下のように情報を得ることができます。

 

仕事についての情報

 

まずこちらの画面で職種や業種、勤務地などについて自分の希望を入力します。

 

 

この際、あまり条件をしぼりすぎると検索結果が0になるので、絶対に譲れない点以外はややゆるめにしておいてください。たとえば従業員数とかはあまりこだわらなくてもいいのかと。

 

ちなみに上記で検索したら25件ヒットしました。内容は載せられないので雰囲気だけ紹介します。

 

販売スタッフ

学歴不問◆社会人未経験、第二新卒の方も歓迎します!★未経験スタートの社員が多数活躍しています!

 

販売スタッフ

知識・経験ゼロでOK!高卒以上・未経験歓迎★「スポーツが好き」「ファッションが好き」な方★20代・30代・40代活躍中

 

販売スタッフ

★年間休日116日★高卒以上40歳以下の方(長期勤続によるキャリア形成を図る為)★経験不問、未経験者歓迎

 

年収に関しては条件の500万円というのが必ずしも当てはまらないものもありましたが、ここではどのような求人があるかを知っておくことが目標なので。

 

自分についての情報

 

数ある求人サイトの中からリクナビNEXTを紹介しているのはわけがあってそれが『グッドポイント診断』です。

 

※これは写真です。クリックはできません

 

「独自のノウハウを活かして開発した約30分できる本格診断」とさらりと書いてありますが、30分ってめちゃ長いですよね?

 

実際やってみると分かるように、本当に驚くほどのたくさんの設問があります。それだけに診断結果も具体的。

 

「5つの強み」というタイトルであなたの優れた点を分かりやすく教えてくれます。こんな感じですね。

 

こういう項目が5つ表示されます。もちろん、前から思っていたとおりの内容になることもありますが、大事なのは非常に具体的に指摘してくれること。

 

自分で漠然と感じていたことを、はっきりと、誰にでも分かりやすく伝えられる内容として教えてくれることで、今後もし面談を受けるようなことになったとき、自分のよさを最大限に自信をもって話すことができます。

 

リクナビに登録して診断してみる↓

 

求人の検索はもちろん、この『グッドポイント診断』も無料で利用できます。

 

自分自身についてしっかりと話せるようになっておくことは今後どんな場面でも必要になるので、情報収集のひとつとしてぜひ活用してみてください。

 

営業がつらい、やめたい、の生き方を変えるために

 

30代で営業をやめたいと思っているあなたがもっとも恐れるべきなのは、このまま何もしないで時間が過ぎていくことです。

 

先ほど「後悔の40代」と「愕然の50代」と言いましたがこれは何もウケをねらって書いたわけではありません。

 

わたしが実際に、向いてないと思う営業を25年間も続け、貴重な30代40代を無駄にしてしまった心の底からの後悔をどうしても伝えたいので書きました。こればかりはその年齢になってみないと分かりませんから。

 

そんなことに自分の人生をしないためにも、「営業が辛い」「もうやめたい」と思っているのなら、今できることから手をつけてみてください。

 

求人サイトへの登録くらいで…と思われるかもしれませんが、30代という年代を考えればどんな小さなことでも始めていくべきです。

 

あとになって、あのとき行動しておいてよかった、と思えるようになるためにも、まずは一歩を踏み出してみてください。

 

その一歩があなたのこれからの生き方を変えるきっかけになりますように。

 

コメント