営業が向いてないから辞めたい?自分が20代なら絶対これやってみるよ!【首都圏限定】

営業

 

  • 営業は自分には向いていない
  • 売れないから上司から詰められて精神的にもう限界
  • とにかく営業じゃないほかの仕事をしたい

 

心の中では「もう営業は無理」という結論は出ている。だけど次に何をしたらいいのか分からない。そんなふうに悩んでいる人も多いでしょう。

 

営業がダメだった自分にいったい何ができるのか?営業が向いていなかった自分にできる仕事はあるのか?

 

ここでは、同じように営業が向いてなくて苦しみながらも25年も続けてしまったわたしが、もし自分が今20代だったら絶対やりたかったと思うことを紹介します。

 

営業とはまったく畑違いの仕事です。でもたぶんあなたにも合っているはず。

 

今は営業が自分に合わなくて仕事がつらくて、さも世界の終りのように感じてしまっているかもしれません。でも20代ならこれからいくらでも新しいことが始められます。

 

そのヒントにしてみてください。

 

スポンサーリンク




営業をやめてプログラミングの仕事をする

 

わたしがもし今20代で、もう営業は無理だから転職したいとなったら絶対プログラミングの道を目指します。

 

なぜならそのほうが自分に合っていると思うから。

 

そしてここでそれを紹介するのはあなたにもきっと合っていると思うから。

 

その理由をお話しします。

 

営業が向いてないと感じる理由

 

そもそもなぜ営業が向いてないと感じるのでしょうか?

 

  • 人と話をするのが得意ではないから
  • 自分から攻めていくタイプではないから
  • 考えが先に立ってしまって行動に時間がかかるタイプだから
  • 人を押しのけてまで達成しようという意識がないから
  • 売ることに罪悪感のようなものを感じてしまうから
  • そもそも数字を追いかけるのが好きじゃないから

 

このあたりがあてはまるのではないかと。

 

ひとことでいえば内向的だから。おとなしい性格だから、ですね。

 

いや、そりゃわたしだって〈内向型の人でも営業はできる〉〈むしろ内向型のほうが向いている〉という考え方があることは知っています。その手の本はこれまでにたくさん読んできました。

 

でも気持ちが変わるのは読んだ直後だけでしばらくたつとすぐもとに戻ってしまうんですよね。気がつくとまた「営業向いてない」と思ってまた本を探す。そのくりかえし。

 

思うに「営業向いてない」を脱せられるのはほんのひと握りの人で、それ以外の人はやっぱりずっと悩み続けることになるんじゃないかなと。そんなふうに今では思ってます。希望を打ち砕くようなことを言ってすみません。

 

でも、同じ頑張るのなら、向いてないことを克服しようとして苦しむよりも、自分に合っていることを伸ばしていくほうがよっぽど生き生きと活動できるんじゃないかと。

 

 

営業に向いてないと感じるあなたの性格は?

 

  • 「いろいろなことを幅広く」よりも「ひとつのことを専門的に」身につけたい
  • 大勢でいるよりひとりでいるほうが落ち着く
  • 机に何時間向かっていても平気
  • 「作ること」が好き、職人(ぽい仕事)に憧れがある

 

もしこれらが当てはまるのなら、たぶん営業には向いてません。

 

販売の仕事とかでも同じかもです。わたしはやってますけど、まあ、営業よりはいいかなというレベル(それだけでも大きいんですが)

 

~販売の仕事についてはこちらを読んでみてください↓

 

で、言いたいことは、この性格ならきっとプログラミングのほうが合いますよということ。

 

「いろいろなことを幅広く」よりも「ひとつのことを専門的に」身につけたい

プログラミング言語はたくさんあるにしてもプログラミングというひとつの技術を掘り下げていく

 

大勢でいるよりひとりでいるほうが落ち着く

会社によってはグループでやるプロジェクトとかあるかもですが、でもコードを書くという作業自体はひとりでやるものです。

 

机に何時間向かっていても平気

当然ながら長い時間パソコンに向かい続けることになります。

 

「作ること」が好き、職人(ぽい仕事)に憧れがある

プログラミングの仕事はシステムの構築からその保守、点検まで含まれるので就職する会社や部門によっては必ずしも作ることばかりとはいえません。ただ、ツイッターでプログラミング関係の人のツイートを読むと分かるように、やっぱり何かを作ろうとする人が多いです。クラウドソーシングの仕事募集でもランディングページの制作案件などが多いですからね。

 

 

以上のことからも分かるように、内向的な人、おとなしい性格の人にとって、プログラミングの仕事は営業よりはるかに性格に合っている可能性が高いのです。

 

プログラミングの仕事に20代で転職するために

 

ただ、ここで疑問がわきますよね?

 

いや、自分だってプログラミングを考えたことがないわけじゃないけど…

 

  • 全くの未経験でプログラミングの仕事ができるの?
  • 独学じゃ時間がかかりそうだし、習得できるか疑問
  • けどスクールは受講料が高すぎて手が出ない

 

やっぱり「未経験」の文字が重くのしかかりますよね。

 

だからとりあえず勉強するしかないのですが、でも何をどのように勉強したらいいのか分からないし、どれくらいやればいいのかも分からない。

 

相当な時間がかかるだろうことは想像がつくけど、もう今すぐにでも営業を辞めたいのにそんなに待っていられない。

 

いったいどうすりゃいい…?

 

…を解決してくれるサービスが実はあるのです。

 

それがウズウズカレッジ、通称ウズカレです。

 

 

プログラミング未経験から始める転職

 

ウズウズカレッジは、第2新卒や既卒の人を対象に、就活のサポートとITスキルの学習、ビジネススキルの学習をセットで行ってくれる就業支援サービスです。

 

無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】

 

  1. ITスキルの学習
  2. 就職活動のサポート

 

つまり、プログラミング未経験でも、ITスキルを学べるうえ、就活まで面倒を見てくれるという画期的なサービスなんです。

 

これがなんと・・・無料

 

ちょっと信じられないような話ですが、実際に行われているサービスです。

 

ウズカレのサービス内容について

 

ただ、オンラインで利用することはできません。平日に毎日、東京の西新宿の学校に通う必要があり、それが可能な人だけ参加することができます。

 

だから誰でもOKというわけではないのですが、でもその内容がすごい。特に学習面の内容が。

 

くわしくは公式サイトを見ていただくとして、代表的なコースは「インフラエンジニアコース」と「プログラマーコース」の2つ。

~ウズウズカレッジ公式サイトより(以下、同じ)

 

個人的にはプログラマーコースがいいなあと。

 

ちなみに1週間の時間割も載っています。「インフラエンジニアコース」ですね。

 

平日の毎日10時から5時まで。けっこうギッシリ感があります。

 

カリキュラムはこのような内容。

 

すごくないですか、これ?まるでちゃんとした授業のような内容。

 

「ITインフラ機器を実際に使用した実機講座」とか「WEBサイトの作り方」なんてうらやましすぎます。

 

こんなの自分ひとりじゃぜったい学べないですよね?たとえ学べても相当な時間がかかります。

 

これが無料だなんて・・・

 

ここでもう一度整理します。

 

  1. 未経験・文系から4週間でエンジニアを目指せる
  2. 一緒に頑張れる仲間がいる
  3. 全て無料で、IT研修&就活サービスを受けられる
  4. 専任講師が徹底サポート

 

内向的なわたしとしては、2の「一緒に頑張れる仲間がいる」というのは逆にちょっと「ん・・・」なところではあるんですが、それ以外はもはやパーフェクト。

 

こんなことが無料で受けられるなんて、もう利用しないほうがもったいない気がします。

 

ウズカレに向かない人、向く人

 

といって誰にでも勧められるわけではありません。公式サイトには「ウズカレに向かない人」として以下のように書かれています。

 

  • ウズカレに通学できない方
  • 就活サービスは必要ない方
  • 自分一人だけで研修も就活も進めたい方

 

読むと、「就職する気はなくて勉強だけしたい」「勉強も就活もひとりでやりたい」という人には向かないということですね。

 

「合わない人」をちゃんと話してくれるサイトって少ないですよね?その中で、これはサイトのわりと最初のほうに出てきて親切だなと感じました。

 

で、さいごに創業者からのメッセージが書かれています。

 

そんなウズカレですが、参加できるのはこちらの3つを了承できる方のみ。

  • 平日10:00〜17:00の通学ができる人
  • 学習だけでなく、就職することが前提な人
  • 周りとコミュニケーションを取りながら就活したい人

 

明確ですね。

 

この3つがOKならば、もう迷う必要はありません。あなたがもし20代で、首都圏に住んでいて新宿に通えるのであればこれは大きなチャンスだと思います。

 

内向的な性格だから迷う?

 

ただ、もしあなたが自分のことを内向的だと感じているならば、上の項目のうち、3つ目が気になるかもしれませんね。

 

周りとコミュニケーションを取りながら就活したい人

 

これを読んでもしかしたらこのように感じていませんか?

 

  • もともと人と会話するのそんなに好きじゃないし、別に就活するのにまわりの人とコミュニケーションとりたいわけじゃないんだよね…
  • 学習もしたいことはしたいけど、大勢の中でやるのがちょっと不安…本音を言えば個人レッスンみたいのだとうれしいんだけど…
  • 時間割に載っていた「チーム朝礼」とか夕方の「オリエンテーション」とかもちょっと苦手…
  • 学校みたいにわずらわしい人間関係ができちゃったらいやだな…

 

・・・その気持ち、すごくよく分かります。

 

わたしも、もし自分が20代なら、やってみたい!という気持ちはあるとしても同時にこのことが気になると思うからです。内向的だからこそ感じるいつもの感情ですね。

 

だからあなたが気にする気持ちも分かります。

 

でも、ちょっとだけ考えてみてください。

 

あなたは今の営業の仕事がいやで他の仕事をしたいと思っているんですよね?

 

いっそのこと会社務めではなくフリーランスで仕事をしたいという気持ちももしかしたらあるかもしれませんが今の段階では厳しいですよね。営業を辞めるにしてもやっぱりどこかの会社に就職するしかないわけです。

 

で、就職したらそこで新たな人間関係が生まれます。そのあと何年も、あるいは何十年も続く人間関係です。

 

それからしたらウズカレの4週間なんてほんのわずかのことです。最初から終わりが見えているといってもいいくらい。

 

だからここでのちょっとした気持ちのわずらいは乗りこえましょう。ちょっとくらい気になることがあっても考えないことにしましょう。

 

案ずるより産むがやすし、行ってみたら意外にぜんぜん平気だった、となることだってあります。

 

たとえそうでなくてもあなたの目標はITスキルを身につけて新しい仕事を始めることです。その目標がはっきりしていればわずか数週間の出来事など取るに足らないことです。

 

気にしすぎて行動できなくなり、向いてない営業でひたすら消耗していくことにくらべれば、ウズカレでの新しい時間はきっと大きな財産になります。

 

応募すらできないわたしからすれば、20代のあなたは本当にうらやましい。

 

だからぜひ勇気を出して行動してみてください。

 

無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】


 

自分自身の未来のために

 

営業が向いてなくて辛いという状態になったときの選択肢は2つです。

 

  • 「継続は力なり」で営業を続ける
  • 「得手に帆をあげて」で向いている(であろう)仕事に転職する

 

 

わたしなら「得手に帆をあげて」の方を勧めます。

 

 

なぜなら自分の人生だから。

 

 

向いてない仕事で苦しむより、少しでも自分に合った仕事で頑張るほうが未来が広がっていくと思います。

 

悔いのない人生を送るためにも(これ本当に大事です)、自分の気持ちに正直になって行動してみてください。

 

 

コメント