営業職は休日も電話対応がある?営業20年の経験から伝えられること

営業 休日 電話 つらい営業

 

  • 営業職ってやっぱり休みの日も電話がかかってくるのかな?
  • そういう電話って出なきゃいけないのかな?
  • 電話がかかってこない営業もあるのかな?

 

営業の仕事に興味がある人、営業の仕事に決まった人、営業を始めたばかりで不安な人へ。

 

休みの日に電話がかかってくるかどうかは気になるところですよね。そりゃかかってこないほうがいいに決まってますが実際のところはどうなんでしょう。

 

ここでは、営業マンになると休日に電話がかかってくるのか、かかってきたときはどうするのか、そして業種によって違いはあるのかを、営業職を20年以上続けたわたしがお話しします。

 

営業職の実態の一例として参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク




営業の種類によって違う

 

休みの日に電話がかかってくるかどうか。これは同じ営業でも業種によって違います。たとえばこんな感じ。

 

形態 顧客の休業日 休日の電話
B to B(対企業) 土日休み 基本的になし
休業日なし(小売店など) かかってくる可能性あり
B to C(対個人) 個人なのでなし かなりかかってくる

 

一応の目安です。違う場合もあるかもですがご了承ください。

 

それぞれについてもう少し説明します。

 

 

B to B(対企業)の営業の場合

営業 辛い

 

顧客が企業の場合はその企業の休業日によります。

 

顧客が土日休みの場合

 

顧客の企業が土日休みなら電話がかかってくることは少ないでしょう。

 

百貨店の法人外商部などは、部署自体も土日が休みであり、得意先もそのことを理解しているので、休日に電話がかかってくることは少ないです。

 

ただ、日曜日は休みでも土曜日は動いている企業もあるのでその場合はやりとりが必要になることもあります。

 

土日も営業の企業の場合

 

小売店に商品を卸すメーカーの営業などの場合は、小売店が休みなく動いているため、自分の休日でも電話がかかってくる可能性はあります。

 

担当者に自分の携帯電話の番号を教えている人もいるでしょうからね。

 

とはいっても小売店の担当者も、メーカーの休業日には遠慮して携帯にかけないことも多いので、よほど緊急性が高いことでなければ休みの日まで電話がかかってくることは少ないでしょう。

 

 

C to C(対個人)の営業の場合

営業 ノルマ

 

対個人、つまり一般ユーザーがお客様の場合は要注意です。

 

とはいえこれは自分の勤務する会社の休業日によっても左右され、もともと土日休みの場合はお客様も理解してくれているのでそれほど電話がかかってくるわけではありません。

 

が、勤務する会社が土日休みではなく、小売店のように年中営業しているという場合、電話がかかってくる可能性は高くなります。

 

では誰からかかってくるのでしょう?

 

お客様からの電話

 

末端の、というか一般のユーザーに直接販売をする営業の場合は、お客様から電話がかかってくることは避けられません。

 

今はほとんどの会社が名刺に携帯の番号を載せているでしょうから、問い合わせやその他もろもろ、お客様から電話がかかってきます。

 

事務所からの電話

 

事務所、つまり会社からですね。

 

お客様や取引先の人が会社に電話をし、あなたが休みだった場合。

 

出勤している人で済む内容ならば大丈夫ですが、担当者であるあなたでないと分からないようなこと、緊急性があることはそのまま携帯にかかってきます。

 

上司からの電話

パワハラ 上司

 

会社からと同じといえば同じですが、メンタル的にイヤなのがこれです。

 

だいたい休みの日にかかってくる上司からの電話はロクなものじゃないですからね。

 

「休みの日に悪いね」なんて言ってくれる上司は少数派、たとえ言ってくれても心の中では悪いなんてこれっぽっちも思っていない人がほとんどです。

 

かかってきたとき電話を放り出したくなるのが上司からの電話ですね。

 

営業マン、どこに行くにも電話といっしょ♪

営業 休めない

 

ここからは典型的なB to Cの営業をしていたわたしの話です。

 

富裕層への高額品の販売をしており、一回売って終わりではなく、末永くおつきあいして、長期にわたり買い続けていただくタイプの営業でした。

 

当然、いい(=高額品を買ってくれる)お客様には携帯電話の番号を伝えています。ご要望があったらすぐに対応するためです。

 

なので当時はどこに行くにも電話を手放せず、休みの日もお客様、事務所、上司からひっきりなしに電話がかかってきました。

 

  • お客様から → 注文や問い合わせ
  • 事務所から → 担当の営業マンでないと判断できない案件について
  • 上司から  → 今月売上どうなってんだ!?

 

 

まあ、さいごのは(半分)冗談としても、お客様からだと出ないわけにはいかないので、どこに行くにも携帯を持ち歩くようになっていたのです。

 

スーパーに買い物、近所に散歩、家族でキャンプ・・・とにかく玄関を出るときには必ず携帯を持ち出していました。

 

キャンプのときも、子どもと川で遊んでいるときにポケットの携帯が鳴り、大事なお客様だったので、川に両足を突っこみながら電話していた記憶があります。

 

 

休みの日の電話はブルーになる

営業 やめたい

 

こんな生活が何年も続くとしだいにイヤになってきます。

 

家でゆっくりしているときや、何かに熱中しているときに、

 

 

プルルルルル!プルルルルル!

 

 

と鳴り出すと、一気に気持ちがブルーになりました。

 

お客様も「今日出勤?」と聞いてくれる人は少数派で、やはりこっちのことなど気にせずに自分の要件を話し出すことが多い。

 

電話を切ったら会社に電話して、もう一度お客様に電話して・・・なんてことをやっているともう休みが休みでなくなってしまうのです。

 

これが耐え難かった。

 

 

電話に出ない営業マンもいる?

 

まわりの人たちも同じように休みの日に電話がかかってくるようでした。

 

ひとつには、当時、売れない営業マンはクソ上司にねちねちといびり倒されてましたから、誰もがそれを恐れ、休みの日だって売上のためなら動くようになっていた、ということもあります。

 

ただ、中には「休みの日は電話に出ない」という人もいました。よほどの大事なお客様はともかく、そうでない場合は電話が鳴っていても放っておくと言っていました。

 

出ないとそのうちかかってこなくなるんだよ、とその先輩はうそぶいていましたが、そんな感じでも売れてましたからね。売れてるから無理して休みの日に電話に出なくてもいい、というのもあるのでしょう。

 

そう思うとやっぱり営業マンは売上があってなんぼ、ですね。

 

休日の電話が耐え難くて営業をやめる

営業 転職

 

営業を続けて20年以上、気持ち的に限界に来ていました。もうこれ以上は無理だと思いました。その理由としては、

 

 

  • 営業が向いてない
  • 売れないと休みがちゃんと取れない
  • 休みもゆっくり過ごせない

 

 

要は「売れないから」なんですけど、休みの日をゆっくりと休めない、というのも大きな理由でした。

 

だってイヤじゃないですか、休みの日にお客様や上司と電話しなきゃいけないなんて。それが当たり前の世界なんて。

 

このままじゃ自分は一生、営業という仕事の奴隷になってしまう、そう思ったわたしは上司に異動を訴え出たのです。

 

すでに40代も半ばになっていました。

 

 

 

営業職、休日の電話はあると考えるべし

 

今回は個人営業の話を中心に、休日に電話がかかってくるということについてお話ししました。

 

ひょっとしたらこれから営業に挑戦しようという人には冷や水を浴びせる内容だったかもしれませんが、事実は事実としてお伝えしました。

 

わたしは営業をやめてしまいましたが、でも続けている人も多いです。というかまわりでは続けている人のほうが多い。

 

それは営業には営業なりのよさがあるからともいえます。

 

物事には二面性があり、今回紹介したのは営業という仕事の片方の側面であり、もう片方はご覧いただいてません。

 

こんなわたしでも、わずかながらでも営業にもいいところがあることは感じていました。ただ、わたしの場合はつらいほうが多かったということです。

 

営業職のほんのわずかないいところについてはまたあらためてお話しします。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント