仕事が遅い、向いてないと思う自分は能力が低い?を100%否定する理由

仕事
  • 仕事が遅い、何度もやらないと覚えられない
  • 同じことをするのに他の人より時間がかかる
  • 自分では早くやろうと思っているのにできない
  • やっぱりこの仕事には向いていないのかな

 

仕事が遅いと自覚しなければならないのってしんどいですよね。なんでできないんだろうって、自分が他の人より劣っているように感じて苦しくなります。

 

こういう場合はどうすればいいのでしょうか?

 

もしその状態がずっと続いているのなら、このまま今の仕事を続けるのか、それとも他の道を見つけるべきか、判断すべきときに来ているのかもしれません。

 

今回はそのことについて考えてみます。

 

スポンサーリンク




仕事が遅いのはHSPが原因かもしれない

 

ここであなたにお聞きしますが、あなたはこのような環境の中で仕事をしていませんか?

 

  1. とにかく早く仕事を終わらせなければならない
  2. 自分の仕事をまわりから見られる
  3. 他の人と競争するような状態になっている

 

もしあなたがこのような職場にいるのなら、そもそもその職場があなたに合っていないとも考えられます。

 

なぜかというと、ひょっとしたらあなたがHSPである(あるいはそれに近い特性を持っている)可能性があるからです。

 

HSPって何?

 

HSPとはHighly Sensitive Personを略した呼び方です。そのまま訳すと「非常に敏感な人」ですね。外国の書籍にはこのように定義されています。

 

「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」

~Wikipediaより引用

 

 

なぜHSPが仕事が遅いことの原因になるの?

 

HSPが仕事が遅いこととどう関係があるかを説明するために1冊の本を紹介します。


 

これ、すごく参考になる本なのでぜひ読んでみて欲しいんですが、この本の中に「HSP自己テスト」というものがあります。たくさんの項目の中から自分に当てはまるものを選んでいくもので、ここから一部分抜粋します。

 

  • 他人の気分に左右される
  • 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
  • 豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい
  • 短期間にたくさんのことをしなければならないと混乱してしまう
  • 一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
  • ミスをしたり物を忘れたりしないようにいつも気をつける
  • あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
  • 生活に変化があると混乱する
  • 動揺するような状況をさけることを、普段の生活で最優先している
  • 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  • 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

~「繊細さんの本」より抜粋

 

実際にはこの倍くらいの項目があって、12個以上があてはまるようならおそらくHSPでしょうと書かれています。あなたはいかがでしたでしょうか?

 

この中であらためて着目してほしいのはこの項目です。

 

仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

 

実はわたし自身がこれにメチャクチャ当てはまっていて、今やっている販売の仕事でも、人に見られていると思うだけで手は震え、声もうわずって何を言っていいか分からなくなります。

 

とにかくもう見られているとダメ。頼むからこっちを見ないで、と言いたくなります。でも見られていなければちゃんとできる。

 

なので——自分がHSPだというつもりはないのですが——もしあなたがこれに当てはまるのなら、あなたが仕事が遅いのは決して能力が劣っているからではなく、持って生まれた特性に影響を受けているだけだと考えることができるのです。

 

言いかえればそれは、今やっている仕事、今属している会社・職場があなたに合っていないということです。

 

仕事が遅いを解消するために

Robin HigginsによるPixabayからの画像

 

仕事が遅いのは今の仕事が自分に合っていないから、ということが分かったとしても、じゃあどうすればいいの?という問題が残りますよね。

 

今の状態がHSPという要因によってもたらされているとしたら、今の仕事を続けているかぎり、ずっと同じつらさを感じることになります。

 

それを回避するためにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

 

自分の生かし方、長所を知る

 

仕事が遅いというのは裏を返せば丁寧であるということでもあります。

 

多くの人はどうしても自分の欠点ばかりに目がいってしまいがちですが、「欠点にかくされた長」「欠点と表裏一体のよさ」といったものが必ずあるはずです。これから仕事をしていく上でもそれは必ず知っておくべき。

 

そのために役に立つのが自己診断です。

 

今さらそんなこと…と感じるかもしれませんが、自分の思い込みを排し、客観的な目で見てもらうことはとても大切です。

 

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」は無料で診断でき、数多くの設問から的確にあなたのことを分析してくれます。

 


※これは写真です。

 

結果は5つの特性に分類され、それぞれに丁寧な解説がついてきます。わたしの場合はこんな感じでした。

 

冷静沈着 悠然 感受性 親密性 受容力

 

なんとなく予想した通りの結果でしたが、でも自分の思いを裏づけることができたのでよかったと思います。

 

なにしろ解説がくわしいので面接や自己アピールのときにはこれをアレンジすればかなりしっかりとした受け答えができるはず。

 

自分のことは知っておいて損はないのでぜひ試してみてください。

 

 

向いている仕事を探す

 

今の仕事自体が自分に合わないのだとすれば、あとは思い切って仕事を替えるしか方法はありません。でもどんな仕事を探せばいいのか?

 

ここでもう一度先のことを確認します。

 

  1. とにかく早く仕事を終わらせなければならない
  2. 自分の仕事をまわりから見られる
  3. 他の人と競争するような状態になっている

 

自分が力を発揮するためにこれらの状態を取りのぞいた仕事を見つけたいところですが、どんな仕事も時間の制約の中で成果を出していくことが求められるので、1を外すことは難しいでしょう。

 

となれば残りは2と3です。「自分の仕事をまわりから見られる」「他の人と競争するような状態になっている」が少ない環境でできる仕事を探してみることです。

 

つまり、「1人で進めていくことが中心となる仕事」ですね。

 

といってもそんな仕事がどこにあるのか、なかなか分からないですよね?自分だけでは情報量も少ないですし、考えられることには限界があります。

 

これを解決してくれるのがほかならぬ転職エージェントです。

 

転職エージェントというと、履歴書の書き方、面接の指導。年収の交渉、訪問のアポイント取得などを思い浮かべますが、いちばん重要なのは数多くの求人から、数多くの職種業種の中から、あなたに合う仕事を見つけてもらうことなのです。

 

非公開求人を抱えていたり、20代までに限定していたり、それぞれ特徴があるので試してみてはいかがでしょうか。自分ひとりで情報を集めるより効果的に活動ができます。

 

 

 

自分に合った仕事で気分よく働いていくために

Julien TromeurによるPixabayからの画像

 

何度も何度も言いますが、自分に合っていない仕事を続けていても幸せにはなれません。

 

でも20代30代のときはそれに気づくことができません。そして時間だけが流れていく。

 

そして数十年後、40歳や50歳になってようやく気づくのです。しまった、と。自分はこの年になるまでいったい何をやってきたんだろうって。とてつもない後悔とともに気づくのです。

 

これは冗談ではありません。本当の話です。

 

だからあなたがもし、今の仕事が自分に合っていない、このままやり続けても先が見えない、と感じているのであれば、すぐにでも行動を開始することをすすめます。

 

仕事次第で人生は開かれてもいけば、閉ざされてもいきます。これからの人生を実りあるものにしたいのであれば、是が非でも自分に合った仕事を見つけてください。自分が納得して続けられる仕事を探してください。

 

向いてない仕事をがまんして何十年も続け、50歳を超えてとてつもない後悔に襲われているわたしから伝えられる唯一のことです。

 

どうかよい未来を作られるよう行動してみてください。

 

 

コメント