内向的で仕事がつらい?それなら1人でできるブログやプログラミングを始めてみては?

プログラミング

 

内向的な人やおとなしい人にとって会社で働くことには悩みがつきものですよね?

 

「仕事がうまくいかない」「向いてない仕事をしている」ということもさることながら、「集団の中で働くことに息苦しさを覚える」ということもその理由のひとつではないでしょうか?

 

ここでは内向的で会社組織の中で働くのがつらい、性に合わないと感じるあなたに、1人でできるブログやプログラミングをやってみることをすすめています。

 

自分が本当に打ちこめるものを見つけると人生が変わります。あなたにとってこの記事がそのきっかけになればうれしいです。

 

 

スポンサーリンク




向いてない仕事をつらいと感じる理由

 

仕事が自分には向いてない

がんばろうという気持ちはあってもいざ仕事が始まるとうまくいかない

成果が出ない、まわりの人と同じようにできない

その状態の中、集団で働くことに息苦しさを覚える

仕事がつらい

 

内向的な人はできることできないこと、向いていること向いていないことがはっきりしています。自分に合わないことをやっていると消耗する。

 

基本的にまじめだからがんばろうとは思うんですが、でもうまくいかない。毎日仕事をしながらも、瞬間瞬間で向いてないとひしひしと感じてしまいます。

 

くわえておとなしい人であれば職場にとけこむのも一苦労です。そもそも集団でいるのが苦手だから。

 

こういったことが積み重なることによって、

 

  • 自分はここにいる意味がないんじゃないだろうか?
  • きっと必要とされてない
  • ここから消えてしまいたい

 

そんなふうに自分のことを考えてしまうようになります。

 

つらいですよね、自分のことを認めてあげられないとき。

 

会社に行くたびに、会社で働くたびに、自己肯定感が下がっていき、いったい毎日何のために働いているのか分からなくなる。

 

人は自分の存在を肯定できないときにもっともつらい心理状態に陥ります

 

内向型の人にとって、「向いてない仕事」というのはそれだけ重大なことをひきおこすものなのです。

 

 

内向的な人におすすめしたい2つのこと

 

つらい仕事から転職して向いている仕事につければそれにこしたことはないのでしょう。

 

でもことはそう簡単ではありません。いざ「転職」の2文字を考えても、

 

  • 新しい会社に入れるの?
  • 入ったところでうまくやっていけるの?
  • そもそも今いる会社をやめてしまっていいの?

 

――さまざまな葛藤があなたを襲います。

 

こんなにまで今の会社、今の仕事がいやだと感じているのに、もうやめたくてしょうがないと思っているのに、いざ実際に転職を考えると二の足を踏んでしまう。

 

そういう気持ちは誰もが抱くものです。誰もが強い気持ちをもって行動できるわけではないですから。

 

でも、かといって、ただ悩んでいるだけでは同じような日が続いていくだけです。何か小さなことからでも変えていったほうがいい。

 

転職したいけど今の時点ではあまり現実的ではない。そんなあなたにぜひおすすめしたいのがブログです。

 

 

内向的な人こそブログを書いてみる

 

ひょっとしたら、もうやってるよ、という人もいるかもしれません。

 

内向的な人にブログをおすすめしたい理由はこちら。

 

  1. 自分1人でできる
  2. 自分を表現できる
  3. 書くことが癒しになる
  4. 収入を得ることができる

 

自分1人でできる

 

内向的なあなたなら、集団の中で働くのは苦手でも、1人で行う作業は苦にならないのではないでしょうか?

 

外向的な人と違って、1人でいるときにエネルギーを高められる内向型のタイプの人にとって、ブログを書くことはとても向いているといえます。

 

まわりの人を気にすることもなく、自分1人でコツコツと積みあげていくその作業は内向的なあなたにはぴったりです。

 

 

自分を表現できる

 

職場で自分を表現していますか?

 

この問いに自信を持って「はい」と答えられる内向型の人は少ないですよね?

 

内向的で、かつ、おとなしい人というのは集団の中で自分を出すのが苦手です。基本的に自己主張とは縁遠いタイプですから。

 

それでいて、まわりのことは人一倍気になる。

 

まわりの人からどう思われているかが気になり、いつも愛想笑いを浮かべている。大して面白くもない話に笑ったり、自分が話す番はほとんどないにもかかわらず、話の輪に加わっているようなふりをしている。

 

それって・・・

 

・・・疲れますよね?

 

・・・楽しくないですよね?

 

もっと自分を出せたら。もっと自分の気持ちに素直に生きられたら。

 

皆の前ではしゃべることはなくたって、自分だって思っていることはある、心の中に抱えている想いはある。それが人前では表現できないだけなんだ、というあなた。

 

ぜひブログに自分の想いをぶつけてみましょう。

 

 

ブログを書くことは癒しになる

 

ブログを書くということは、ただ単に文章で自分を表現するという以外に実は大きな効果があります。

 

それは自分自身の癒しになる、ということ。

 

会社でいやなことがあったとき、職場で腹の立つことがあったとき、日常生活においてモヤモヤとした思いを抱えたとき。

 

そんなとき、ブログを書くことでその思いが解消されます。すべてとはいいませんが書き終わったときに、前より心が軽くなっていることはたしか。

 

これはプロブロガーといわれる多くの人も言っており、実際その通りです。書くことは癒しになる。

 

心の中のモヤモヤした思いを、ブログにぶちまけることで、掃除してしまうのです。

 

 

収入を得られる

 

ただ、書くだけならノートに日記を書くだけでもできます。もちろん、癒しという意味ではそれだけでも効果はあるでしょう。

 

それでもなぜブログをすすめるのかというと、それはブログから収入を得ることができるから。

 

主に広告が主な収入源になります。ブログを読んでくれる人が広告をクリックしてくれるとそれによって数円から数百円の報酬が発生するのです。

 

仮に1日100円の収入があれば1ヵ月で3,000円になります。

 

これが日記との大きな違い。

 

1人でコツコツと積みあげてきたものからお金が発生したとき、大きな満足感、達成感を得ることができます。

 

ただ、収入を得られるようになるまでは簡単ではありません。少なくとも最初の数ヶ月は無給状態が続くでしょう。

 

それを乗りこえて、半年、1年と続けたときにブログから収益が発生するようになるのです。だからまずは継続すること。

 

わたしは去年の9月からブログの――このブログとは別の――更新を始め、今は月に約5千円の収益が発生しています。

 

1年半やってたったの5千円?と言われればそれまでですが、でもこれにしたってブログを始めたからこそ得られるようになったものです。

 

さらにブログのよさは放っておいても収益が上がること。

 

もちろん、ある程度の記事のストックが必要なのは言うまでもないですが、記事数がふえれば、よほど更新が何か月も滞らない限り、ブログが収益を上げてくれるのです。

 

 

ブログで人生を変えるということ

 

ブログで人生を変えたという人はたくさんいます。

 

そんなの一握りの人だけの話でしょ、と思いますか?わたしには関係ない、と。

 

それ、もったいないです。考え方を変えましょう。

 

その人に起こったということはあなたにだって起こる可能性がある。可能性がゼロなんてことはないわけです。やってみなくちゃ分からない。

 

現にこのわたしだってゼロから5千円を生み出せるようになったのです。だから誰だってできます。

 

ブログを始めるのに何の障壁もありません。ただ、やるかやらないか。

 

やってみたら、そして続けてみたらきっと日々の過ごし方が変わります。それは人生を変える可能性すらある。

 

あなたが内向的で、仕事がつらいというのなら、ぜひブログを始めてみてください。

 

ブログの始め方はこちら

 

 

プログラミングを学習してみる

 

もうひとつ、ブログと並んで内向的な人におすすめしたいのがプログラミング。

 

2020年から小学校の授業でも導入されることになったことからも分かるように、これは今後、プログラミングの重要性がますます高まっていくことを示しています。

 

今でこそ、プログラミングというと、一部の専門知識を持った人のものだと思われがちですが、これからは誰もがプログラミングをできる時代に入っていきます。

 

 

プログラミングを始めるのに年齢は関係ない

 

以前、80代のおばあちゃんがプログラミングでスマホのゲームを作ったことが話題になりましたよね。

 

このおばあちゃんももともと経験があったわけではありません。まったくの未経験から――詳しい人に教えてもらいながら――独力でゲームを作りあげたのです。

 

これを知って、すごいなと思いました。と同時に、それなら自分にもできるんじゃないか、そんな思いが湧いてきたのです。

 

 

プログラミングの超初心者におすすめの本

 

 

本屋さんでいくつかパラパラと見て買ってきたのがこの本です。これが大正解。

 

『親子で学ぶ』というタイトルを見て、除外してしまう人もいるかもしれませんが、もったいないです。初心者が最初に読む本としても最適です。

 

こちらの記事でも書いていますが、なんといってもいいところは最後まで読めるところ。

 

パソコンで『scratch(スクラッチ)』を実際にやりながら読み進めていくと、あっという間に読み終わってしまいます。

 

この手の解説本では完読できることは何よりも大事。

 

なんだか途中で面白くなくなって読むのをやめてしまったら、プログラミング自体にも興味を失ってしまいそうですが、この本ならそんなことがありません。

 

むしろ読み終わって、もっとスクラッチやってみたい!もっとプログラミングのこと知りたい!と思える本です。

 

 

プログラミングは内向的な人に合っている

 

スクラッチをやっているとあっという間に時間がすぎます。一人でコツコツと作業をしていくプログラミングの作業は内向的な人には向いています。

 

画面を前に、こうするとこうなるのか、ああするとそうなるのか、ということを考え、それがうまくいったときは楽しい。

 

ふだんこういう頭の使い方をしていないから脳が刺激を受けているように感じます。

 

 

内向的で仕事がつらいのならブログ、プログラミングはおすすめ!

 

仕事がつらい、会社へ行きたくないと嘆いているだけでは現状は変わりません。何か行動に移さない限り、明日も明後日も同じ毎日がやってくるだけ。

 

であればまずはこの「1人でできること」から始めてみてはいかがでしょうか?

 

何もブログとプログラミングに限ったことではありません。あなたが興味を持っているもの、昔から好きだったことを始めてみればいいんです。それは「小さくとも大きな一歩」になるはず。

 

そしてその一歩は、今、仕事がつらいと感じているあなたの生き方を変える可能性があります。

 

それは始めた人だけが得られる成果。だからどんなに小さくてもできることから始めてみるべきです。行動を起こせば何かしらの結果が出ますからぜひ今日からスタートを切ってみてください。

 

 

 

コメント