上司のパワハラがつらいときは辞めるべき。ウンコ上司に捧げる人生なんてバカらしいよ!

営業

 

  • 上司のパワハラが辛い
  • 上司が夢にまで出てくる
  • 何をしていても気が晴れない

 

ただでさえ自分に向いてない仕事で苦労しているのに、その上さらに上司がパワハラのクソ上司だったら大変ですよね。

 

会社にいる時間どころか、家にいるときまで影響を受けることにもなりかねません。

 

もしあなたが今こういう状態になっているのなら、それはうつ症状にいたる黄色信号かもしれません。

 

より深刻なことになる前に、果たして本当にこのままでいいのか、もう一度よく考えてみてください。

 

 

スポンサーリンク




上司のパワハラで転職も考えた営業時代

 

かくいうわたしも過去にパワハラ上司に苦しめられていたことがあります。

 

当時は営業の仕事をしていました。

 

営業という仕事はパワハラ上司を生みやすい仕事でもありますよね。

 

人格否定をするネチネチ上司

 

営業部には何人かのパワハラ上司がいました。

 

  • 大声で部下を罵倒し、机をぶっ叩く筋肉系クソバカ上司
  • 言葉で徹底的に痛めつける粘着系ドクヘビ上司

 

わたしの上司は後者でした。ネチネチ系は大声を出さないので外部からは分かりにくいのですが、実は暴言系に勝るとも劣らないひどいタイプなんです。

 

営業で結果を出せないわたしは毎日のように机の前に呼ばれ、そこで延々と責め立てられました。

 

「もう(お前なんか)いらねーよ」

「向いてない」

「異動だな」

 

すべてが人格否定でした。

 

お前の仕事のここがよくない、お前のやり方のここが悪い、だからこうしろ、と言われるのなら分かります。それなら上司としての指導だと考えることができますよね。

 

でも、こういう人は違うんです。

 

  • 「お前なんかいらない」と言われたら?
  • 「ここにいる価値がない」ということを毎日言われ続けたら?
  • 仕事についてではなく、自分という存在そのものを否定されたら?

 

さらに営業成績が悪いことをみんなの前でつるし上げられることもありましたね。

 

 

会社をやめるのが怖くて我慢し続けた

 

こんな状態ですからもう会社に行くのがつらくてしょうがなかったです。

 

毎日毎日、重い足を引きずるようにして会社へ向かっていました。背中に鉛を背負っているようでした。

 

 

もうやめてしまいたい。

 

 

何度そう思ったことか分かりません。やめたくてやめたくてしょうがなかった。

 

でもやめられませんでした。

 

なぜなら「やめるのがこわかった」から。

 

当時は、

 

  • 転職自体がまだ一般的ではない
  • 30代になると転職先が少ないという風潮
  • 仕事を探すのは新聞の折り込み、転職情報誌がメイン

 

という感じでした。何か腕に職がある人、その職種でよほど力を発揮できる人でないと転職してもうまくいかないという雰囲気だったのです。

 

わたしも転職情報を見てはタメ息をつくという日が続きました。どの仕事もうまくできる気がしなかった。

 

 

転職してまた同じようなことになったら?

 

 

そう考えるととても今の会社をやめる勇気が湧いてこなかったのです。

 

だから、泣きたいほどつらくても、毎夜夢に上司が出てくるほど苦しんでいても、やめることができなかったのです。

 

 

パワハラを耐えていても何も生みださない

 

数年後、ようやくその上司が異動で部署を去ることになりました。

 

うれしいというよりほっとしたという気持ちが強かったですね。

 

さて――

 

果たしてこれでめでたしめでたし、なのでしょうか?

 

クソ上司が異動になってやっと解放された、よかったよかった、これまで辞めずに我慢してきてよかった、

 

・・・なのでしょうか?

 

わたしにはそうは思えません。

 

なぜなら、

 

30代という大切な時期を棒に振ってしまったから。

 

ふつう30代というと、自分なりの仕事のやり方を見つけ、進歩させ、どんどん前向きに進んでいく時期ですよね?仕事に対する考え、ポリシー、やり方が固まるのもこの時期じゃないでしょうか?

 

その大切な時期をパワハラに耐えることだけに使ってしまったのです。

 

あの数年の間に、仕事に対する熱量は完全に損なわれてしまいました。

 

もともと営業が向いてないと思っていましたから、そもそも熱量なんてあるの?と言われると言葉に詰まりますが、でもそれまでは営業に関する本、自己啓発本をせっせと読み、苦手ながらもどうしたら売れるようになるかとあがいていたのです。

 

でもパワハラ上司の下になってからはそんな気持ちも失ってしまいました。

 

「いらねーよ」と言われる中で、どんな本を読んでも無力だと感じたからです。

 

考えるのは日々を大過なくやり過ごすことだけ。ひどいことを言われてもただただ耐えるだけ。毎日、ビクビク、オドオドしながら働いていたのです。

 

30代という貴重な時期をパワハラに耐えることだけで過ごすことは、あなたから仕事に対するエネルギーを確実に奪ってしまいます。

 

それはその後の人生にも影響を与えます。なぜなら働くことは人生の大部分を占めることだからです。

 

わたしはそのような30代を送ってしまったことを激しく後悔しています。この頃の仕事の記憶はパワハラ上司のことしかありません。

 

そんな人生、そんな働き方になるとは20代の時は想像もしていませんでした。

 

でも現実にそうなってしまった。失われた10年ではないですが、失われた30代、になってしまったのです。

 

今でも思います。

 

本当にほかに方法がなかったのだろうか?と。

 

 

パワハラによる精神的苦痛を回避するためにも環境を変えよう

 

もしあなたが今、上司のパワハラに苦しんでいるというのなら、そしてそれがこの先延々と続きそうだというのなら、思い切って環境を変えることをすすめます。

 

パワハラを耐えていくだけじゃ未来が開けません。

 

パワハラが続くというのであればその環境を変える必要がある。

 

それには2つの方法があります。

 

異動願を出す

 

異動願を出すというのもひとつの方法でしょう。

 

ただ、出しても必ずしも移動できるとは限らない。あるいは異動自体があまりない、という場合は難しいですよね。

 

そうでなくても、上司を通してしか異動願を出せないという状況だとしたら実際はほとんど無理ですよね。

 

転職する

 

もしあなたが上司のパワハラに押しつぶされそうになっているのであれば転職することを考えてみてください。

 

このままパワハラに耐え続けますか?

 

こんなにつらいのに続ける道を選びますか?

 

もしこの答えがNOであるなら、まずは行動することから始めてみましょう。

 

 

転職エージェントとはどんなサービス?

 

「転職エージェント」とは、

 

「自社に合う人材を探している会社」と「自分に合う会社を探している人」を結びつける会社のこと。

転職エージェント

 

企業と求職者の仲介を行ってくれ、双方にウィンウィンの結果を導き出すのがエージェントの仕事です。

 

昔は自分で求人広告を見て自分で応募するしか方法がありませんでしたが、今は転職エージェントがそうしたいっさいの調整を代行してくれるのです。

 

エージェントに自分の希望、悩みをしっかりと伝えれば、面談の調整やら年収の交渉はもちろん、職務経歴書の書き方や面談の方法などまで教えてくれます。

 

また、エージェントと面談をする中で、自分が今まで意識していなかった強みを見つけてもらい、それまでは思いもよらなかった職種、仕事の提案までしてくれることもあるのです。

 

転職活動を1人で進めることには不安がつきものですが、分からないこと、心配なことがあったらエージェントに相談すれば丁寧にサポートしてくれます。

 

これらのサービスのすべてが無料で利用できます。

 

とはいってもどんな転職エージェントがあるのか、どこを利用すればいいのか分からないというあなたに主な転職エージェントをご紹介します。

 

 求人数特徴サービス内容
リクルートエージェント160,000件以上
(非公開求人100,000件以上)
求人数、転職支援実績、顧客満足度ともに業界No.1
・充実した転職サポート
・強み、適性を把握したキャリアプランの提示
・提出書類の添削、アドバイス
・面接対策サポート
・求人サイトだけでは見られない業界・企業情報の提供
・応募先企業との面談調整、年収交渉代行
DODAエージェントサービス150,000件以上
(非公開求人120,000件以上)
5つの満足度No.1
・キャリアアドバイザーとの相性のよさ
・転職活動のノウハウが聞ける
・紹介される求人数
・経験を生かせる求人数
・求人紹介の頻度
・非公開求人を含むプレミアムな求人情報
・キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人があなたをサポート
・分野別に特化したコンサルタントによるサポート
パソナキャリア25,000件以上
(約80%が非公開求人)
・総合人材サービスの先駆者
・1976年の創業時から女性の転職を支援
・年収アップ率67.1%
・専任のキャリアアドバイザーによる自分では気づかなかった求人企業の提案
・マンツーマンで書類添削
・疑似面接などの面接対策
・面接の日程調整、年収交渉等の代行
・負担の大きい退職交渉のフォロー
・サイトに「年収診断シミュレーション」
マイナビエージェント20,000件以上
(約80%が非公開求人)
20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・失敗しない転職先企業の見つけ方
・市場価値を高めるキャリアカウンセリング
・人事が会いたくなる職務経歴書
・人事が採用したくなる採用面接
・納得できる条件を手に入れる調整術

 

この中ではリクルートエージェントとDODAが求人数も非常に多い。まずはこの2社に登録しておくことをおすすめします。

 

 

パワハラで人生を棒に振らないために

 

パワハラで苦しんでいる、毎日仕事に行くのがつらくてしょうがない、というあなたへ。

 

それは決して永遠に続くものではありませんが、でも終わりが見えないことに不安になりますよね。いったいいつまで続くのか?

 

来年までなのか、再来年までなのか、あるいは5年後・・・

 

そんなに続いたら確実に心がむしばまれます。心も身体も枯れはててしまう。そしてそのときになって後悔します。

 

新しい行動を始めるときは誰だって不安がつきものです。転職となったら特にそうでしょう。

 

でも今のままでは現実は変わりません。明日も明後日もいやな上司の顔を見なければならない。パワハラを耐えなくてはならない。

 

耐えた先にいいことが待っているというのならともかく、きっとそんなことはありませんよね?

 

であれば行動に移しましょう。

 

何も実際に転職につながらなくてもいいのです。

 

「転職というカード」を自分は持っていると考えられるだけでも気持ちが違ってきます。

 

パワハラに疲れ、毎日を消耗しているのなら、転職エージェントという味方をつけるんだと思って登録してみてはいかがでしょうか。

 

それによって少しでも気分が変わり、ひいてはいつか転職を成功させ、あんなときもあったなと思えるような日々が来ることを願っています。

 

 

関連記事:「向いてない営業をやめてよかったと思う5つの理由

 

 

コメント