営業は大変だから販売に転職したい?その考え、ちょっと待った!!

販売

 

営業って基本、自分から売りに行かないといけないから大変ですよね。

 

だから自分のような押しの弱い人間には向いていないんだ、そう思ってしまう人もいるでしょう。

 

でも販売なら・・・?

 

販売ならこちらから売りに行くわけじゃなし、お客様のほうから来てくれるんだからきっと営業よりはやりやすいはず。

 

自分のようなタイプでもそれなりにできる気がする。営業はダメだったけど、販売ならできそうな気がする。そう思うこともあるでしょう。

 

ここでは、営業の仕事が向いてないと感じ、販売の仕事に移ろうかと悩んでいる男性のあなたに、あえて辛口のお話をします。

 

あまり聞きたくないようなことも出てきますが、販売の世界の現実を知ることができるのでぜひ読んでみてください。

 

(※ここではアパレルを中心とした接客販売を必要とする仕事について説明しています。コンビニ等の販売はあてはまりませんのでご了承ください)

 

関連記事:「営業から販売に転職したときにスムーズに仕事を始めるための3つの重要ポイント

 

 

スポンサーリンク




販売が営業より簡単なんてことはありえない

 

営業はダメだったけど販売ならなんとかなるんじゃ・・・?と思っている人の希望をのっけから打ち砕くようなことを言うのですが、

 

販売が営業より簡単ということはありえません。

 

営業で売れなかったけど販売ならなんとなるだろうという考えは今すぐ捨て去ったほうがいいでしょう。

 

なぜなら営業も販売も売ることにおいて違いはないからです。

 

これからそのことを説明します。

 

 

営業より販売のほうが売りやすい?

 

たしかに、まだ何も考えていないお客様のところに行って商品を売ってくる営業に比べれば、お客様がある程度は買う気でやってくる販売のほうが売りやすそうな気はしますよね?

 

だって買いに来てるんだから。少しは買う意思があって来てるんだから。

 

ウィンドウショッピングでもないかぎり、ひやかしでもないかぎり、少しは買う気があって来てくれるんだろうと考えます。

 

だから押しの弱い自分にもできそう、そう思ってしまうのも無理はありません。

 

でもここには大きな勘違いがあります。

 

 

販売とは接客業

 

「販売の仕事」というのは、ただ「これください」という人にモノを買ってもらう仕事ではありません。

 

スーパーの食品売場ならそれでもいいのかもしれませんが(実際は食品売場はめちゃめちゃ大変ですけどね)、あなたが考える販売はきっとそうじゃありませんよね?

 

洋服とかバッグとか家具とか、あるいは趣味にそった車関係とかアウトドア関係とか、何でもいいのですがおそらくある程度の接客を必要とする仕事を考えているのではないのでしょうか?

 

何が言いたいかというと、

 

 

販売=接客

 

 

ということです。

 

接客とは読んで字のごとく「お客様に接すること」ですよね?お客様と接してなんぼ、の世界です。

 

販売とは接客業なのです。

 

 

営業も販売も人と接する仕事

 

ここであなたに聞きたいのですが、

 

人と接することが好きですか?

お客様と接すること好きですか?

 

営業がつらいというあなたはひょっとしたら人と接するのがあまり得意じゃない、お客様と話をするのが苦手だ、と感じているのではないでしょうか?

 

人と接するのが得意じゃないから、人と会話するのが苦手だから営業が向いてないんだ、と思っているのではないでしょうか?

 

もしそうだとしたら、たとえ販売に移っても同じことを感じるようになります。

 

なぜなら販売は接客業だからです。人と接してなんぼ、だからです。

 

 

販売は接客をこなした上でモノを売らなければならない

 

例に挙げて失礼ですが、たとえばこれが喫茶店ならそこまでやる必要はないでしょう。

 

コーヒーを頼んだお客様に、このケーキもおいしいですよ、ランチはいかがですか?、Aセットは800円でお得ですよ、なんてことは言わないでしょう。余計なお世話です。

 

このようにお客様に言われたことだけを提供する接客もあります。

 

でもこれは販売とは言いません。

 

販売とは、接客をのりこえた上でモノを売ることを言うのです。

 

 

お客様はあいまいな気持ちでやってくる

 

このメーカーのこの品番のこの商品がほしいという場合を別にして、ほとんどのお客様はあいまいな気持ち、漠然とした気持ちでお店にやってきます。

 

  • なんかいいシャツないかな~
  • そろそろ新しい靴がほしい
  • 今までとはちょっと違うリップがないかしら?

 

具体的にどんなものがほしいか決まっているわけでもなければ、今日買うかどうかも気分次第、ここでなければ別の店行ってもいいし、あるいはこの前ネットで見たやつでいいかな・・・と心はあちこちにさまよっています。

 

そんな迷いの森にいるお客様の心を開き、今この瞬間、この場で買ってもらうように仕向けるのが販売の仕事なのです。

 

 

ほしいと言われたものだけ売っていても仕事にならない

 

これください

これがほしい

 

そう言われたものだけ売っていればそれは楽です。

 

ハイ、〇〇円になります。ハイ、ありがとうございます。これで済んじゃいますからね。

 

でもこの姿勢だと、迷いながらやってくるほとんどのお客様には買ってもらうことができません。どうしようかなと迷っているお客様の心を動かすことはできません。

 

お客様の心を開いて買ってもらうんだ、という気持ちがなければいくら接客しようが、

 

「また来ます」

 

「検討するよ」

 

「考えとくわ」

 

で終わってしまいます。

 

これでは仕事になりません。ほしいという人に買ってもらうのは誰でもできます。そんなことは子供だってできるでしょう。

 

そうではなく、まだ気持ちが定まっていないお客様の心を、自分の接客によって「買うよ」「もらっとくよ」「いただくわ」に持っていくのが販売の仕事なのです。

 

 

販売にもノルマがある

 

これくださいという人にだけ売っていては仕事にならない、ということの現実的な理由はこれです。

 

 

販売にもノルマがある

 

 

店や会社によって違うでしょうけど、どんな業種でも販売には目標となる数字があるはずです。でなけりゃ誰も売らなくなってしまいますからね。

 

ほしいというお客様に売っているだけではこの目標は達成できません。

 

自然、販売実績が伸び悩むことになります。他のメンバーにくらべて自分の数字が低くなる。

 

何か月もこの状態が続くと上司や先輩から、もっとがんばってほしいと言われるようになります。

 

最初はソフトだった言い方も月を追うごとにだんだんきつくなってきて、

 

気がついたら「仕事がつらい・・・」

 

・・・あれ?

 

この状況、どっかで聞いたことあるぞ?

 

ということになりかねません。

 

 

販売にも売り込みが必要

 

結局こういうことです。

 

販売にも売り込みが必要。

 

自分から売り込みに行く営業がいやで、販売ならお客様のほうから来てくれるからなんとかなるかな?と考える人にはこの視点が欠けています。

 

販売=接客=売り込み

 

この図式は頭に入れておく必要があります。

 

放っておいては売れないのです。そこを売るのが販売の仕事。

 

来てくれたお客様に――そうとは感じさせないようにして――売り込んでいくのが販売の仕事なのです。

 

 

売り込みとはお客様を説得すること

 

売り込みとはお客様を説得することです。

 

お客様の心を開くとは、その場での会話、身振り手振り、雰囲気作りでもってお客様の気持ちを変化させることなのです。

 

買おうかどうしようか?

買うよ!

 

この変化を、接客している短時間の間に、お客様に起こさせることです。そのための説得なのです。

 

説得には相手の気持ちを読むことが必要

 

相手を説得するには相手の気持ちを読むことが必要です。

 

この人は今何を考えているのか、何を思っているのか、どんなことを望んでいるのか。それを知らずに一方的に説得することはできません。

 

だから会話するのです、だから相手の話を聞くのです。相手の立場になって考えるのです。

 

そこから気づきを見つける。そこから説得へ持っていく。自然な流れで。

 

でも、それって営業でも必要なスキルですよね?販売に限ったことじゃないですよね?

 

だとしたら・・・?

 

 

営業で売れないから販売、は安易

 

ここで再び質問します。

 

  • あなたは人の気持ちが読めますか?
  • 人を説得することができますか?
  • いろいろ説明して人を納得させることが得意ですか?

 

 

営業が苦手で悩んでいるあなたはこれらのことがあまり得意じゃないのではないでしょうか?

 

人と話すことからして苦手なのに気持ちを読むなんて、ましてや説得なんて・・・と思っているのではないでしょうか?

 

もしそうだとしたら、

 

売り込みができなかったから営業で結果が出なかった、性格的に営業が向いていなかった、と感じているのであれば、

 

販売でも行き詰まってしまう可能性があります。

 

どちらも人と接し、人の気持ちを読み、人を説得しなければならないからです。その意味において、営業も販売も同じなのです。

 

 

営業から販売に転職するのならよく考えて

販売 求人

 

営業の仕事が性格的に合っていない

やめて他の仕事をしたい

 

もしあなたが、営業の代わりに販売職を考えているのなら今一度よく考えてみてください。

 

押しの弱い人にとって販売の仕事が営業よりやりやすいかというとそんなことはありません。

 

あと、販売の場合は職場によっては露骨な競争状態になるところもあります。客を獲ったの獲られたのだの、という非常に面倒くさい状況ですね。

 

そうなるともう仕事どころじゃありません。余計なことで神経をすり減らすことになります。

 

ある意味、自分のペースで仕事ができる営業よりも弱肉強食の過酷な世界に身を置くことにもなりかねません。脅すつもりはありませんが。

 

なので営業から他の職種を探す場合はくれぐれも慎重に選んでください。

 

どうしてもやってみたいというのであれば、まずは販売職の現実を知った上で、自分が勤めたい職場の状況、雰囲気を調べてからにすることをおすすめします。

 

 

 

さいごに

 

営業の仕事があまりにもつらいとつい他の職種に目が向いてしまいますよね。

 

販売は営業と同様に、資格や経験がなくても始められる仕事のひとつです。

 

お客様のほうから買いに来てくれるのですから、ややもすると営業よりは簡単かなと思ってしまいますよね?

 

でもそれが正しくないことはお分かりいただけたことと思います。

 

ただ、間違えないでほしいのは、販売が営業より大変だということではなく、大変さにおいてはどちらも同じです。

 

営業から安易に販売に移ることを避けてもらうことが今回の記事の目的なので、このまま営業を続けるか、それとも販売にトライしてみるかはあなた次第です。

 

大変でもいいから販売をやってみたいと思っているなら挑戦してください。販売には販売のよさがあります。

 

仕事がつらい、に終止符を打ち、あなたの希望にそった新しい仕事が見つかることを願っています。

 



 

コメント