アパレルの販売に転職するならこれだけはやっておいたほうがいい1つのこと

販売

 

  • 事務職をやめてアパレルの販売をやってみたい
  • でも未経験で販売の資格も何もない自分には無理?
  • 20代後半でも雇ってもらえるだろうか?

 

事務職を何年かやってみたけど自分には合わなかった。いつまでも向いてない仕事をするのもいやだから思い切って昔から興味のあるアパレル関係の仕事にチャレンジしてみたい。

 

もしあなたが今そう思っているのなら業界的にはチャンスです。アパレル業界は慢性的な人出不足ですからね。

 

ただし、今も販売の現場に立つ者として、アパレル販売のリアル(現実)について伝えるべきは伝えていこうと考えています。

 

ここでは販売職の求人に応募する前に最低限やっておいたほうがいいことについて書いていますので、特に業界が初めての方は必ず目を通しておいてください。

 

スポンサーリンク




アパレル業界は転職が多い?

 

多いか少ないかというと多いでしょうね。

 

アパレル業界は離職率が高いです。これは今に始まったことではありません。昔から辞める人の数は多いんです。

 

公的な数字を見るまでもなく、わたしの勤めている職場のまわりでも販売員の入れ替わりはよく見られます。しばらく姿を見ないなと思っていたら実は辞めていたということも珍しくありません。

 

考えられる理由としてはやはりいちばん大きいのは給料の安さでしょう。アパレル販売の仕事は肉体的につらい割に給料があまりよくありません。途中でいやになって辞めていく人が後を絶たないのです。

 

ただ、辞めていくといっても本当に販売の仕事がいやになって辞めてしまう人もいる一方で、給料を上げるために店や会社を移るという人が多いのも事実です。

 

変な意味でつぶしが効くといえばいいのか、販売ができる人は商品・アイテムが変わっても何でも売ることができるので自分のスキルアップ、待遇アップのために今いる会社を辞めて違う会社に転職していくのです。

 

こういう事例はアパレル業界ではしばしば見られます。そのために離職率が高くなっているという一面も否定できません。

 

アパレルの仕事はきついのか?

 

もしあなたがアパレル販売の仕事に興味を持ち始めているのなら、水を差すようでごめんなさいですが、アパレル販売の仕事はけっこうきついです。

 

店に行くと誰もがきれいな、カワイイ洋服を着て、優しく微笑んでくれます。でもこれは表向きのこと。ひとたび休憩室に行くと様子はガラリと変わります。

 

ひと言で言うと皆、疲れてる。

 

休憩時間はスマホを見ている人が多いのと同じくらいに眠っている人も多いです。誰もが机につっぷすか、あるいは椅子に腰かけたままの姿で眠り込んでいます。

 

販売職はただでさえ立ち仕事の上、お客様からは見えない裏側の仕事がたくさんあって販売員はみな疲れはてているのです。だから休憩は貴重な睡眠時間。

 

なのであなたが事務職からアパレルの販売職への転職を考えているのなら、まず最初に身体的・肉体的にはかなりきつくなることを考えておいてください。

 

20代であれば続けているうちに立ち仕事には慣れますが、きついことには変わりません。

 

↓こちらでアパレル販売職の現実を紹介しているのでぜひご一読ください。

 

 

アパレルへの転職なら販売員や店をよく見ておくこと

販売 現場

 

販売職を目指すならひとつだけ伝えておきたいことがあります。

 

それはその求人に応募する際に店、職場を前もって見ておくことです。

 

よほどたくさんの支店やショップがあるという場合や、どこの店に配属になるかまったく分からないという状況なら無理かもしれませんが、勤め先となりそうな店が分かるのなら一度実際に見ておくことをすすめます。

 

何を見るかというと第一に販売員、第二に客層です。

 

どんな販売員がいるか?

 

まずひとつめが、どんな販売員がいるか?

 

できれば全員見ておきたいところですが難しいようであれば何人かの様子を確認しておきましょう。

 

販売員チェック項目
  1. 人相
  2. 販売員同士の話しぶり
  3. 表情、動作

 

1.人相

これは性格のいびつな人間、あなたと合わない人間がいないかどうかを確認するためです。もちろん正しくは分かりっこないですけどね。でも性格は顔に出ますからあなたがコイツの顔はどうしても好きになれない!と思うような場合は自分の直感を信じましょう。

 

2.販売員同士の話しぶり

お客様に対してはどの販売員も丁寧な言葉遣いをします。問題は販売員同士の会話の時。どんな話をしているか、どんな口調で話しているか、高圧的なものが含まれていないか、耳をそばだてて聞いてみてください。

 

3.表情、雰囲気

一人だけならともかく誰もが同じように疲れたような表情をしている店は要注意です。動作も緩慢で、かったるそうな雰囲気が感じられるところはそういう土壌になっている可能性がありますから気をつけた方がいいでしょう。

 

 

どんな客層か?

 

販売員の観察が終わったら次は客層です。

 

客層チェック項目
  1. 年齢層
  2. 生活レベルの様子
  3. 販売員への話し方

 

 

1.年齢層

どの年代をターゲットにした店なのか。自分が接客することが考えたとき、話しやすい相手かどうか。あまりに若すぎる人と話すのは気が進まないとか、中年の人の相手はいやだとか、自分の特性も考えておいたほうがいいですね。

 

2.生活レベル

要は収入レベルです。一概には言えませんがそれなりに満たされた生活を送っているお客様相手のほうが仕事はしやすいです。お金があまりない人を対象にした店だと想像もできないような内容でクレームになることもあります。なので持つべきものを持っている人を対象にした店のほうがいいでしょう。ここは服装や身につけているものを元に推測してみてください。

 

3.販売員への話しぶり

きちんと節度を持って販売員と話ができるお客様が多いほうがベターなのは言うまでもありません。これは1.2にも共通していえることですが、ちゃんとしたお客様が来る店へは同じようなお客様が集まりますし、そうでない場合はやはり似たようなお客様が来てしまう傾向にあります。

 

アパレルの人間関係のためにも店、販売員の様子を知っておくべき

 

アパレルの求人に応募する際には店の様子を自分の目で確認しておくことが大事。

 

とはいうものの、1回見に行ったくらいじゃなかなか分からないんじゃないの?というのが偽らざるところですよね。

 

販売員にしたって人相が悪くてもいい人がいるかもしれないし、善人そうに見えてても実は腹黒いという人もいるかもしれない。たまたまいやなことがあってブスッとしているだけかもしれない。神様じゃないんですからそんな人間の心の奥底までは分かりっこありませんよね。

 

お客様だってそう。見に行ったときが偶然いい感じのお客様ばかりだったとか、逆に変なお客様が来ているときだったとかいうことだってあるでしょう。

 

でも、たとえすべてのことを知ることができないとしても、やっぱり店へは一度足を運んだほうがいいです。

 

だって考えても見てください。

 

晴れて採用が決まり、ここがあなたの職場ですと連れていかれたところが思っていたのと全然違うような場所だったらどうしますか?

 

明らかに一癖二癖ありそうな人ばかりの職場だったらどうしますか?

 

な、何ここ・・・?とそこで気がついても遅いのです。

 

だから、自分が働くことになるかもしれない場所は、実際に自分の目で確認しておいたほうがいいのです。仮に予想できないことがあったとしても、事前に見ておくことによってショックはある程度軽減できます。

 

 

ショップに同行してくれるアパレル特化型転職サイト

 

ただやはり、見に行くといっても自分ひとりでは不安ですよね。どの店を見るべきかもさだかでないし、お客様のふりをしておどおどしながら行くのもどうかと思います。

 

もしあなたが首都圏に住んでいる、あるいは首都圏での仕事を考えている、というのであれば「ファッショーネ」がとても心強い味方になってくれます。

 

 

アパレルの求人なら【ファッショーネ】!あなたの、理想の求人紹介します!


 

一般的な転職エージェントはたくさんありますが、「ファッショーネ」はアパレル業界への転職のためのエージェントサービスです。

 

アパレルに特化しているため「ファッショーネ」だけの独占求人情報も多数抱えており、しかもその約92%が正社員案件

 

職種も販売員だけでなく、店長、営業、デザイナー、事務と多岐にわたり、販売員以外の仕事をしたい人も活用することができます。

 

【登録後のスケジュール】

ステップ1
電話にてインタビュー日程調整

ステップ2
渋谷ヒカリエのオフィスでヒアリング(面談を希望しない場合は電話でのヒアリング)

ステップ3
希望にそった求人の紹介

ステップ4
ショップ見学

ステップ5
企業との面接

ステップ6
就職

 

 

ポイントとなるのはステップ4の「ショップ見学」です。

 

気になる店舗がある場合はインタビュー後にそのまま店舗見学に向かいます。求職者様に店舗をご案内し、実際に働く際のイメージをつかんでいただきます。

 

これすごく大事!ヒカリエでのインタビューのあと、そのまま希望の店舗を見に行けるのです。

 

もちろんコンサルタントさんが同行してくれますから安心です。ビクビクしながら一人で店を見に行く必要がありません。

 

販売の仕事をする場合、店の雰囲気、販売員の人たちを事前に見られることは非常に大きなメリットです。これを利用しない手はありません。

 

仮登録は簡単。

 

在職中、離職中などの項目を選択し、氏名・生年月日を入力、希望勤務地を選びます。

 

希望勤務地=東京、神奈川、千葉、埼玉

 

さいごに電話番号、メールアドレスを入力して終了です。

 

 

もちろん、仮登録したからといって必ず転職しなければならないということはありません。

 

win-winの理念の徹底により、無理に転職を勧めることはありません。

 

「ファッショーネ」のサービスは「求職者様に寄り添っていっしょに転職活動を行う」というものです。きっとあなたの力になってくれますので安心して利用してみてください。

 

【ファッショーネ】 に登録してみる↓


 

さいごに

 

「来てくれた人を離しちゃいけない時代が来てるよね」

 

これはわたしの勤めている職場で実際に話されていた会話です。それだけアパレル業界では人手不足が深刻なことを表しています。

 

と同時に、ある程度販売ができるようになったら、その職場からも戦力として頼られるということも意味しています。

 

たしかにアパレルの販売職は楽な仕事ではありません。やってみて初めて、こんなに大変だったんだ、ということが分かる人もいるでしょう。

 

でも長く続けている人も当然ながらいます。というか実際は続けている人がほとんどです。

 

大変ではあるけれど続けていくうちにやり方も分かってきて仕事のリズムにも慣れると他の仕事ができなくなるというのが販売職の特性でもあります。

 

人と話すことが苦にならなければ仕事自体はやがてスムーズにできるようになります。ただ、体力的につらいときがあるだけ。

 

もしあなたが今の事務職をやめて昔から好きだったアパレルの販売職をやってみようと思うのであれば、まずは販売の現実をよく理解してください。

 

それでも、大変なのが分かっていてもやってみたいというのであればぜひ挑戦してください。

 

実際、わたしの知っている人の中にも、工場勤務から販売の現場に来たらそれがばっちりハマって天職のようになったという人もいます。何が合うかはやってみないことには分からないのです。

 

そのために必要なのは行動です。そしてそれができるのはあなただけ。

 

これからの人生を変えていくためにも最初の一歩を踏み出してみてください。

 

 

 

コメント